見られたいようなみられたくないような.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

無知は罪である 無為は死刑である だからブログで謝る

f:id:wanabesome:20170502015523p:plain

 

ある御方に『はてなブックマーク』なる物をして頂いた

 

私には何の事か分からなかった

 

だからスルーしていた

 

きっとはてなスターを付けるよりは上でコメントを残すほどでは無い中間くらいの物と思っていた

 

だがしかし調べてみると『はてブ』はお気に入りの記事にするものだという事が分かった

 

そして100文字程度のメッセージを残せるのだ

 

そんな便利機能を知らない私は『はてブ』をして頂いてから丸4日も無視をしていた事になる

 

これは由々しき事態である

『初はてブ』をして頂いた方にお礼も言わないなんて紳士の名が廃る

 

駄菓子菓子ツイッターもインスタグラムも流行りのマストドンもやってない

人と関わる事に積極的でない私にはお礼を伝える手段が無い

 

じゃあブログでお礼を言うしか無いのだ

無知は罪である

『知らない!』だけで終わらせるのは罪である

 

気になっても調べず放置しておく事は罪に値するのだ

今回の件で言えば

人の善意を無視して焼酎を飲む事に全力を注ぎ、無知を無知のまま放置していた事になる

 

はてなブログで『あなたへのお知らせ 1』という数字を無視し無知のまま焼酎を浴びるように飲んでいたのだ

 

無知を無知のままにしておく事が罪なので私は罪人である

無為は死刑である

知った

知を得た

得たのにそこから行為をしないというのは万死に値する

 

お礼や謝罪をしなければならないと知ってしまった、なのに実行しないというのは紳士として有り得ない

 

死が相応しい

 

だが罪人の立場は甘んじて受け入れても死を受け入れるにはまだ早い

 

こうなったらお礼と謝罪をしないと気が済まない

『初はてブ』をして頂き丸4日も放置してしまったあの御方に

こんな場末のブログの読者になって頂き、ありがとうございます

 

無知のまま放置して申し訳ありません

 

いつも楽しく貴殿のブログを拝見させて頂いております

 

これからも陰ながら応援だけはさせて頂きます

 

マスト丼様

 

~オワリ~

 

 

プレミアムフライデーをバイトの目線から考える ゴールデンウィークの恩恵はバイトは受け取れないのである

f:id:wanabesome:20170430020019j:plain

 

こんばんは

どれだけ忙しくてもボーナスも休みも希望も無い38歳バイトです

 

世間一般はゴールデンウィークで『国外旅行で出国がピーク』なんてニュースもありましたがバイトの私には全く関係の無い話

 

海外に行けるセレブが乗る飛行機なんて天候不良で到着寸前に引き返せば良いのにと願ってやまない貧乏人です

突然ですがプレミアムフライデーというものを聞いた事があるでしょうか?

月末の金曜日に仕事を早めに終わらせて遊びに出かけよう!

 

なんて消費を促す試みを国が主導してかの有名な広告代理店が推進しているアルバイトの自分には全く関係の無い取り組みです

 

一部上場企業が『国に言われたからやってみるか』程度のものだと思います

 

中小企業で働く人が労働人口の9割を占める日本では恩恵を感じれるのにはまだまだ時間がかかる事と予想されます

 

事実、パチンコ屋で働いていて「プレミアムフライデー」だからといってお給料様が増えてる感じは一切しませんでした

 

おっと!

プレミアムフライデーを実施するような会社の人間がパチンコ屋に行かないんじゃ?』

そんなツッコミは受け付けません

 

それならそれで極々一部の上場企業様のエリート様達以外はプレミアムフライデーの恩恵を受けてない証拠なのですから

 

むしろ暦通りに祝日である4月29日の方が忙しかったです

 

これはプレミアムフライデーが未だ世間に浸透せず暦通り(カレンダー通り)に休みにしている企業が多い事の証だと思います

 

税金を投入して結局得したのは、かの有名広告代理店だけというのはモヤモヤしか残りません

 

今後どうなるか見物ですが恐らく大した変化も無いまま廃れていく事は想像に難くない

 

バイトの立場の自分にはどうでも良い事ですが・・・

からのゴールデンウィークだろうとバイトをしている人間には関係ない

ゴールデンウィークともなると様々な業界が恩恵を受ける事でしょう

主に小売りや飲食店そして我が業界の遊技業界も

 

所謂、稼ぎ時

 

お店は繁盛し、暇を持て余した人で溢れ返る

 

社員達はお店の成績が上がり、昇給に期待を膨らませ、夏のボーナスに向けて必死で利益を確保する事を目指す

 

だがバイトはどれだけ忙しく、どれだけお店を円滑に回す事に尽くしても何も無い

 

ゴールデンウィークだからといって時給が上がる事は無くただひたすらにイーラッシャーセーを連呼する

 

正直クソである

 

バイトの分際で連休を申請しようものなら白い目で見られ

『他の人も連休取ってないのだから空気読んでね?』と空気を読む事を強要される

 

全力でクソである

 

パチンコ業界ではバイトでいる限りいつまで経っても連休の恩恵は受けれないのだ。

 

連休も取れず報酬も無いバイトなんざ早く脱出したいと何度目かの本気で思ったゴールデンウィーク初日なのである。

 

~オワリ~

 

 

ブログを書かなかった言い訳 ブログを書く事は持たざる者の希望である

f:id:wanabesome:20170428020235j:plain

私はこれから言い訳をする

『やるぞ!エイエイオー!』と思いながらもブログの更新をしなかった

 

単純にGW前で忙しかったのもある

本業が夜勤終えてからの朝から昼過ぎまで、バイトが夕方~夜までという日々が毎日続いていた

 

ネタも無い訳では無い

 

業界語録の更新やネタになるような事も考えついてた

頭の中でまとまってはいなかったけど書き出せば何とかなったはずだ

 

だが書かなかった

 

時間も忙しかったとはいえ全く無い訳では無かった

焼酎を飲む時間はあったのだからそれをブログに充てる事だって出来たのにだ

 

何をどう言い繕おうが書かなかった結果しか残ってない

 

どんな事を言おうとも全て言い訳なのだ

何故私がブログを書く気にならなかったのか?

毎日ブログのアクセス数や読者になっている方達のブログは毎日欠かさずチェックしていた

『こんな表現もあるのか』

『良いレイアウトだ、勉強になる』

『人気のブロガーはSNS多用してるな』

等々、日々吸収する事だけは続けていた

 

だけど記事を書くボタンを押してはアクセス解析ボタンを押して溜息をつく

 

正直、自分には文才など無いことなど知っているし役立つ情報を発信している訳でもない

業界の裏話など暴露する勇気も無く子供が書いたような落書きレベルのブログであると自負している

 

こんなものでアクセスが増える訳ないとも分かっている

 

だがしかし、はてなブログで『アイス食べた!美味しかった!カロリーがこのくらいで~』かじりかけのアイスの写真と共にライトでポップでスイーツな記事にスターが文字通り星の数ほど付いてる事実は時としてブログ初心者の心を勇気付け、時にブログで思ったように稼げない現実を知った人間の心をへし折る

 

いつの時代もスイーツな方達を味方に付けないと儲からないという現実を知って私のブログは永遠に頑張ってもスイーツな方達の支持は得られないと気付いてしまった

 

ニッチなものでも極めてしまえばニッチなファンが付くというがニッチ過ぎて消えゆく物の多さも知っている中年男性にはこのブログを続けていく意味があるのかどうか疑問に思ってしまったのだ

 

どうせ書いても誰にも見られないものを睡眠時間を削ってまで書く必要があるのか?

 

それがブログの更新をサボってた最大の理由

何でまた書く気になったのか

忙しい時は素直に休んで余裕がある時にはちゃんと書こうと思いました

 

業界の現状と未来もお届けしたいですし、未来有る若者に『この業界にだけは来るな』と伝えたいですし

 

何よりブログを書くことによってほんの少しでも収益を上げれる事を諦めきれない

 

新しい事に挑戦するのを踏み出せず、現状を変える力を持たない人間にはブログで収益を上げれる可能性があるというのは希望なのです

 

感情のまま殴り書きしてそれが他人に少しでも響いて対価としてお金が発生する可能性があるものなんて私はブログしか知らないです

 

もっと上手に情報を発信出来たらもっと収益に繋がる可能性があるなんて素敵やん?

 

結局、将来への不安を拭い切れないからブログを始めたのにそのブログをサボってたんじゃ新しい事なんか出来やしないと声高らかに叫びたいのである。

 

主に自分に向かって叫びたいのである。

 

~オワリ~

 

 

 

ド田舎のパチンコ屋に行きたくなった ド田舎はパラダイスだ

f:id:wanabesome:20170420154704j:plain

 

まず謝ります

以前こんな記事を書きました

wanabesome.hatenablog.com

 

ド田舎においてはどうやら事情が違っておりました

人口4000人程のド田舎の町では40代の店員は若造でした

 

お給料様が皆70代80代の場合40代でも需要がありました

ここに訂正してお詫びをさせて頂きます

 

『ごめんちょ』

 

という訳で業界のレジェンドに会ってきました

先日書いた行方が知れないレジェンドではないです

 

メンドクサイのでレジェンドSと呼びます

レジェンドSはかなり異色な経歴の持ち主

あまり詳しく経歴を書くと特定されて「見られたいような見られたくないような」のコンセプトから外れてしまうので控えめにしておきます

 

商社出身でメーカーで営業をこなし、すったもんだを乗り越えて60歳を過ぎて店を任される責任者にスカウトされたナイスガイ

 

業界の成長期から全盛期を経て衰退期までを知るレジェンドの称号に相応しいお方です

 

そんなお方と食事をする機会があったので話を聞いてきました

 ド田舎のパチンコ屋はパラダイス

パチンコに関してはこれからどのお店で打っても大差無くなります

詳しくは

 

パチンコ  釘問題

 

ググって下されば話が早いです

 

ですがスロットに関してはお店の特色が出ます

主にどのくらいの割合でお給料様から我々のお給料を頂く日が沢山あるかどうかといった具合に

 

ド田舎だとぼったくる割合が少ないとレジェンドSは語る

 

レジェンドSが任されてるお店の話では

『うちは14割分岐だからね。10割営業でも十分やっていける』

 

『お爺ちゃんお婆ちゃんは最後まで打ち切らないからね。少しでもハマるとすぐ止める。だから最高設定入れ続けて放置なんてザラだよ』

 

『特にジャグラーは出さないとお爺ちゃんお婆ちゃんは来なくなるから必死』

 

『年金むしり取る訳にもいかないから細く長くにしたらお客さん増えてオーナーに喜ばれてるよ』

 

『近隣のお店もそこまで無茶はしてない、お客さんと共存共栄しないと共倒れになっちゃうからね』

 

『お米なんかは買わなくてもお客さんが毎日のように持ってきてくれる』

 

等々ド田舎のパチンコ屋事情を聞かせて頂きました

 

話を聞いた個人の感想としては

14割営業がまだ存在した事が驚き

(後日14割営業については少しだけ書きます)

 

ジャグラーを筆頭に他も全体的に割高で営業してる事に感動

 

地域ド密着な故に農作物の差し入れが沢山ある事

 

これをパラダイスと呼ばずして何と呼ぶ?

 

打つにしても働くにしてもパラダイスである。

 

それも後どれだけ続くか分かりませんがレジェンドSが責任者で居る間に長期間通いたいと思わざるを得なかった

 

70代80代のお給料様が80代90代になってもパチンコ屋に通ってくれる事を願わずには居られないのである。

 

~オワリ~

 

 

レジェンドの一人がまた業界を去った パチンコ業界の礼儀

f:id:wanabesome:20170419030257j:plain

 

業界のレジェンドがまた一人去っていった

 

 去った理由はまだはっきりと聞けていない

体調不良だとも精神が参ってしまったとも伝え聞くがどれも確かな情報ではない

 

ともかく業界を去った事に変わりはない

 

レジェンドは50代で機械の納品も精力的に来てたメーカー側の人間だ

 

業界人には珍しく昔から酒もタバコもやらず己の体を鍛える事にストイックで業者内でも名前が知れてたと思う

 

レジェンドと呼ばれる由縁は業界歴も長く業界の表と裏を深く知っているから

昔、グレーゾーンな事を請け負っていたからとも聞く

 

業界歴20年の私が入る前の事らしいので詳しくは知らない

知ってても墓場まで持っていく

 

それがパチンコ業界の礼儀だ

 

ここ最近そういったレジェンド達やレジェンド候補達が次々に業界を去っていっている

主な理由はやっぱり業界全体の不景気だと思う

どの業者も仕事が激減し高年齢のレジェンド達に高額のお給料を払い続けれないのだ

 

メーカーも中古業者も設置業者も搬送業者もあらゆる関連業者から沢山のレジェンド達が去っていってる

 

自主的か強制的か遠まわし的にかまでは知る由もないが古くから知っている40代後半から50代の方達が静かにひっそりと・・・

 

一番生活するのにお金がかかる時期の人間が消えていってる事実は40手前の私には重い、重すぎる

 

先日も件の「50代のレジェンドが去った」と聞かされた後

あるグループ会社の40代前半中堅幹部との会話の中で『次は俺たちの番ですよ』と笑いながら話したが心の中で溜息を何回したか分からない

 

文字通り順番はすぐそこだろう

 

遅かれ早かれ順番はくる

そう覚悟を決めなければならない程、業界に明るい話題は無い

 

年内には出玉規制の見直し等もありパチンコの型式自体が様変わりする可能性もある

そうなると入れ替え業者の私は用無しになるのは目に見えているのだ

 

私に残された道は

色んな意味でキッツイ新天地へ踏み出すか

ネットで細々と食べていけるように夢を見るか

イーラッシャーセーで延命するか

 

この程度の選択肢しか残されてないのである。

 

~オワリ~

 

過去の栄光を語る40才新人に未来は無いと思う ついでに私も

f:id:wanabesome:20170415120640p:plain

イーラッシャーセー

38歳バイトが書くブログへようこそ

 

本日は職場に新しく入ってきた40歳ダブルワーカーの話

 

自ら語る40歳バイト

 大型新人が入ってきた

 

本人曰く

『大型チェーン店の主任まで昇り詰め、非常に惜しまれながらも退社し、

やりたい事の為に会社を興し事業を拡げるべく県を越えてやって来た』

 

『そして今閑散期だからバイトをしにきてる』

 

この時点で若干ハテナが浮かぶ

 

『事業を拡げる為に他県に住居を構える必要があってそこの家賃が13万円するんです』

『高速代とガソリン代だけでバイトの給料飛ぶんですわ』

『仕事用のオンボロ車じゃ移動ツライので愛車出そうかなと思ってるんです』

 

聞いてもないのに自らの事を語りだし

「本当は自分はもっと凄いんですよ」のアピールをする

 

気持ちは分かる

本業があってそれなりの経験をしてきた人間が

子供ほど離れた人間に指図される事の苦痛さは痛い程分かる

 

完全に失業して諦めてバイトをするならそれも耐えれよう

本業がある状態での年下に使われるバイトは精神的にくるのだ

 

しかも彼の場合は同じ業界で主任の経験がある

一般社員に『トイレチェックしてきて』と言われた日には〇意さえ抱くだろう

事実、私は抱いている

 

だが彼が語っている事が全て真実かは分からない

むしろ疑っている部分の方が多い

 

そのくらい彼は「本当は自分はもっと凄いんですよ」アピールが強い

 

もしこれが全て真実だったら心の底から謝りたい

『疑ってごめんちょ』と

過去の栄光を語る40歳バイト

『あそこ知ってます?僕あそこの初代店長』

『僕の県外の前の事務所の一枚(微妙な有名人とのツーショット)』

『部下が多すぎて名前すら憶えて無かったですよw』

 

とまぁ詳細を語れないので多くは書き出せないが

 過去の栄光を持ち出して語ってくる

 

何となく分かる

語っておかないと自分の今の現状

40歳でバイトをしている事実に耐えらないのだと思う

 

自分を大きく見せておかないと不安で不安で仕方が無いのだ

例え大きく見せる相手が同じバイトの私達であろうと・・・

 

「優位に立ちたい」とかそんな安易な考えではない

 

自分のちっぽけなアイデンティティを守りたいだけなのだ

 

全力で

使える要素は全部使って

 

それほどまでに年下の社員に使われるバイトの立場は心に闇を生ませるのに十分なのだ

 

ましてや一度見限った業界にバイトとして戻ってくる心境は計り知れない

 

彼の本心は計り知れないが少なくとも私は闇を抱えている

 

ただ彼が単純におしゃべりなだけだったら全力で謝ろう

『ごめんちょ』と

過去ばかりを語るおじさんに未来は無い

過去の栄光にすがりバイトを選択するようでは未来は無い

 

事実私が未来が見えてないように彼もまた見えてないように思える

 

余計なお世話だがやっているであろう会社を立て直すか、その道で一から出直すか等を選択した方がよっぽど有意義であろう

 

彼の計画の全てを知っている訳では無いし知ろうとも思わない

 

だが、おしゃべりなくせに過去のみを語ってちっぽけなアイデンティティを必死に守っているように見える彼の未来は明るくないように思える

 

 本当に賢く計画を立てて未来を見据えているならばパチンコ屋のバイトなんて選ばないはずだ

 

パチンコ屋の未来は暗い

 

そんな事も知らないで未来など見えるものかと思うのである。

 

 幸い私は過去の栄光が無い

語る事は未来の事ばかりだ

 

実現出来そうにもない未来を掲げる38才のおじさんと

未来を語らない40才のおじさんの末路がどうなるか少しだけ楽しみなのである。

 

~オワリ~

パチンコ業界の延命方法を真剣に考えた結果

f:id:wanabesome:20170413024758j:plain

 

業界人の証

 

展示会で配られる粗品

 

景気の良い頃は展示会で抽選会なんてあって「一等は大型テレビ!」とか普通にあった

 

今でも超大型(メーカーが数を超売りたい)な時はあるかもしれないがそんな事は今や昔

 

今では粗品を配るのが関の山

そのくらいメーカーも疲弊しているのだ

 

昔程、新台も売れず付き合いで買ってくれるパチンコ屋も減りメーカー内での生き残りが始まってるとさえ聞く

 

そもそも地方の営業所自体を畳む事もあり得るので生き残りバトルもクソもないがw

ざまぁwww

 

新台の数が売れないと判断すると値段を吊り上げるメーカー達

パチンコ・スロット一台当たりの値段をご存じだろうか?

 

リユースやセルのみの販売は下降傾向にあるが単純に『新台』の値段は驚くほど高い

 

新枠や新筐体での販売になると

恐ろしい事に40万円半ばもして

近々出る必殺仕事人5に至っては50万円に迫る

 

バカの極みだと言って良い

 

そんな高価な台でも減価償却出来る前に外さなければならないなんて今のご時世普通にある

 

そんな事が普通にあるからパチンコ屋は台数を多く買わず

 

メーカーは多く買って貰えないから単価を上げる

 

これを『悪循環と言わずして何と言うのか?』が率直な感想

 

値段を上げる前にする事があるのではなかろうか?

 

素直に地方の営業所を閉鎖してネットだけで受注生産するようにすれば良いし

無駄な家賃や義理人情も通じなくなった営業マンなど切れば延命出来る

 

身なりの良い服装をしている優秀であろうパチンコの営業マンなら次の職に困る事もなかろう

 

そうすれば一台当たりの値段を下げれてパチンコ屋が潤いお給料様も痛手を負わない

 

そのくらいパチンコ・スロットの単価の高騰は経営を圧迫しているのだ

 

『液晶を多く搭載して役物を凝ってみました』なんて事だけを言って売りつけに来る営業マンは真っ先に切られてしまえば良い

 

だから私は声を大にして言いたい

パチンコ業界の延命の為に暴騰した台を無理やり売りつけてくる営業マンは必要ない

 

粗品を貰う業界の末端な私は嬉しいがそんな事する余裕があるなら

『値段下げて売れば?』と思わずにはいられないのである。

 

~オワリ~