見られたいようなみられたくないような.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

お客様は理不尽である バイトの苦悩

見られたいような見られたくないような雑記

日々、生産性の無いアルバイトをしている

 

島の中をひたすら歩き回りお客様に笑顔を振り撒く

気分はリアルハムスター

字面にするとちょっとカッコ良い

 

f:id:wanabesome:20170221173919j:plain

常に笑顔

38歳アルバイトの笑顔はひたすらに気持ち悪いだろうが業務命令だ

致し方ない

 

ジャグラーの島を歩いているとお客様によく話し掛けられる

笑顔だから

 

何か良い情報でもくれるのか?と思いきや大概愚痴

やれ「出ない、ボッタクリだ」と仰られる

 

「こちらも商売でやっているので諦めてください。そのお金がバイトの給料になり業者の支払いに変わる流れです。何事もほどほどですよ。」

 

溢れ出そうになる言葉を抑えて

「上の者にもっと遊べるようにしてくださいと伝えておきます。」

 笑顔で言う

 

偽善者である

だって伝えないもん

バイトにそんな権限がある訳無かろうもん

 

そんな愚痴は可愛いもので

「俺のジャグラーがレギュラーだけで7連チャンした!何かしてるだろ?!」

何かとは噂の遠隔である。

そんな技術知ってたらバイトなんかしてない

 

そもそも俺のジャグラーとは何だ?

お店の物だ

7連チャン?

連チャンしてるじゃん?ダメなの?

 

ビッグだけで7連チャンしたら愚痴も言わないどころかホクホクで帰るのに?

 

自分に都合の良いことはラッキーで都合の悪い事は遠隔ですか

 

それでも困った振りの笑顔で

「上の者にもっと遊べるようにしてくださいと伝えておきます。」

困り笑顔が得意になって困る

 

バイトはそんな愚痴を受け止める係

 

愚痴だけ受け取り反論も許されない係

 

お客様はいつだって理不尽である。