見られたいようなみられたくないような.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

おしぼりはお店のバロメーター おしぼりを上手に使うお客様は天才である

仕事(バイト)終わりにする食事で血肉になる速度が加速している38歳バイトです

 

今日スポットライトを当てたいのは「おしぼり」

 

パチンコやスロットをすると手が汚れやすいので昔からあるサービス

 

ところが近年、不景気のあおりで「布おしぼり」から「紙おしぼり」に変更するお店が続出している

f:id:wanabesome:20170330001217p:plain

何故なら布より紙の方がコストはかからず場所も取らない

そして片付けるスタッフの手間も少ない等といった理由からと推測される

 

いや「盛りました」

 

単純に「おしぼりなんかにコストかけてる余裕なんか無い!」が正解だと思います

 

おしぼり屋さんも業者なので話を聞く機会が何度かあり、こんな話を聞いた事があります

 

『昔はアホみたいに儲かったけど今はダメだね』

 

曰く

『全盛期は1店舗当たり毎日納品、回収してたけど今じゃ週に2回』

『飲み屋の方も景気が悪くて踏んだり蹴ったり』

『まぁおしぼりなんて元手かからないから細々やってるよ』

 

一つの業界が傾くと連鎖反応を食らう見事な典型例

 

そんな中、「布おしぼり」で未だに頑張ってるお店は儲かってるお店だと思う

 

業績が悪化すると、いの一番で削減されるのが経費

 

高コストの塊の「布おしぼり」を『お客様が要望するから』と提供し続けるのは

「余裕」がある証では無かろうか

 

だから「おしぼり」は「パチンコ屋のバロメーターを計る丁度良い材料の一つ」

だと申し上げたい

 

そしてそのおしぼりを有効活用してるお客様が当店には存在する

 

当店は何と!

「布おしぼり」です

 

「布おしぼり」を貰って喜ばないおっさんは見た事が無い(パチンコ屋限定)

 

あるお客様で上司と思わしき方と来られる方が居ます

その方が先に大当りをしてしまった時、コーヒーを上司にご馳走する独特のルールが存在しているようです

 

それだけなら、まぁ分かります

 

ですが、当店の「布おしぼり」を添えてあたかも

『このおしぼりは私が用意したんです!』的なドヤ顔で渡すのだけは腑に落ちない

 

ちょっと待って

それは当店がお客様に喜ばれる為にしている「サービス」であって

決して貴方が上司に喜ばれる為のものではない

 

だからせめてドヤ顔だけは控えて頂きたいのである。

 

そして「布おしぼり」を提供したご褒美に中華料理屋でいつも奢って貰っているお客様はわらしべ長者並の天才だと思うのである。