見られたいようなみられたくないような.com

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

ド田舎のパチンコ屋に行きたくなった ド田舎はパラダイスだ

f:id:wanabesome:20170420154704j:plain

 

まず謝ります

以前こんな記事を書きました

wanabesome.hatenablog.com

 

ド田舎においてはどうやら事情が違っておりました

人口4000人程のド田舎の町では40代の店員は若造でした

 

お給料様が皆70代80代の場合40代でも需要がありました

ここに訂正してお詫びをさせて頂きます

 

『ごめんちょ』

 

という訳で業界のレジェンドに会ってきました

先日書いた行方が知れないレジェンドではないです

 

メンドクサイのでレジェンドSと呼びます

レジェンドSはかなり異色な経歴の持ち主

あまり詳しく経歴を書くと特定されて「見られたいような見られたくないような」のコンセプトから外れてしまうので控えめにしておきます

 

商社出身でメーカーで営業をこなし、すったもんだを乗り越えて60歳を過ぎて店を任される責任者にスカウトされたナイスガイ

 

業界の成長期から全盛期を経て衰退期までを知るレジェンドの称号に相応しいお方です

 

そんなお方と食事をする機会があったので話を聞いてきました

 ド田舎のパチンコ屋はパラダイス

パチンコに関してはこれからどのお店で打っても大差無くなります

詳しくは

 

パチンコ  釘問題

 

ググって下されば話が早いです

 

ですがスロットに関してはお店の特色が出ます

主にどのくらいの割合でお給料様から我々のお給料を頂く日が沢山あるかどうかといった具合に

 

ド田舎だとぼったくる割合が少ないとレジェンドSは語る

 

レジェンドSが任されてるお店の話では

『うちは14割分岐だからね。10割営業でも十分やっていける』

 

『お爺ちゃんお婆ちゃんは最後まで打ち切らないからね。少しでもハマるとすぐ止める。だから最高設定入れ続けて放置なんてザラだよ』

 

『特にジャグラーは出さないとお爺ちゃんお婆ちゃんは来なくなるから必死』

 

『年金むしり取る訳にもいかないから細く長くにしたらお客さん増えてオーナーに喜ばれてるよ』

 

『近隣のお店もそこまで無茶はしてない、お客さんと共存共栄しないと共倒れになっちゃうからね』

 

『お米なんかは買わなくてもお客さんが毎日のように持ってきてくれる』

 

等々ド田舎のパチンコ屋事情を聞かせて頂きました

 

話を聞いた個人の感想としては

14割営業がまだ存在した事が驚き

(後日14割営業については少しだけ書きます)

 

ジャグラーを筆頭に他も全体的に割高で営業してる事に感動

 

地域ド密着な故に農作物の差し入れが沢山ある事

 

これをパラダイスと呼ばずして何と呼ぶ?

 

打つにしても働くにしてもパラダイスである。

 

それも後どれだけ続くか分かりませんがレジェンドSが責任者で居る間に長期間通いたいと思わざるを得なかった

 

70代80代のお給料様が80代90代になってもパチンコ屋に通ってくれる事を願わずには居られないのである。

 

~オワリ~

 

 

レジェンドの一人がまた業界を去った パチンコ業界の礼儀

f:id:wanabesome:20170419030257j:plain

 

業界のレジェンドがまた一人去っていった

 

 去った理由はまだはっきりと聞けていない

体調不良だとも精神が参ってしまったとも伝え聞くがどれも確かな情報ではない

 

ともかく業界を去った事に変わりはない

 

レジェンドは50代で機械の納品も精力的に来てたメーカー側の人間だ

 

業界人には珍しく昔から酒もタバコもやらず己の体を鍛える事にストイックで業者内でも名前が知れてたと思う

 

レジェンドと呼ばれる由縁は業界歴も長く業界の表と裏を深く知っているから

昔、グレーゾーンな事を請け負っていたからとも聞く

 

業界歴20年の私が入る前の事らしいので詳しくは知らない

知ってても墓場まで持っていく

 

それがパチンコ業界の礼儀だ

 

ここ最近そういったレジェンド達やレジェンド候補達が次々に業界を去っていっている

主な理由はやっぱり業界全体の不景気だと思う

どの業者も仕事が激減し高年齢のレジェンド達に高額のお給料を払い続けれないのだ

 

メーカーも中古業者も設置業者も搬送業者もあらゆる関連業者から沢山のレジェンド達が去っていってる

 

自主的か強制的か遠まわし的にかまでは知る由もないが古くから知っている40代後半から50代の方達が静かにひっそりと・・・

 

一番生活するのにお金がかかる時期の人間が消えていってる事実は40手前の私には重い、重すぎる

 

先日も件の「50代のレジェンドが去った」と聞かされた後

あるグループ会社の40代前半中堅幹部との会話の中で『次は俺たちの番ですよ』と笑いながら話したが心の中で溜息を何回したか分からない

 

文字通り順番はすぐそこだろう

 

遅かれ早かれ順番はくる

そう覚悟を決めなければならない程、業界に明るい話題は無い

 

年内には出玉規制の見直し等もありパチンコの型式自体が様変わりする可能性もある

そうなると入れ替え業者の私は用無しになるのは目に見えているのだ

 

私に残された道は

色んな意味でキッツイ新天地へ踏み出すか

ネットで細々と食べていけるように夢を見るか

イーラッシャーセーで延命するか

 

この程度の選択肢しか残されてないのである。

 

~オワリ~

 

過去の栄光を語る40才新人に未来は無いと思う ついでに私も

f:id:wanabesome:20170415120640p:plain

イーラッシャーセー

38歳バイトが書くブログへようこそ

 

本日は職場に新しく入ってきた40歳ダブルワーカーの話

 

自ら語る40歳バイト

 大型新人が入ってきた

 

本人曰く

『大型チェーン店の主任まで昇り詰め、非常に惜しまれながらも退社し、

やりたい事の為に会社を興し事業を拡げるべく県を越えてやって来た』

 

『そして今閑散期だからバイトをしにきてる』

 

この時点で若干ハテナが浮かぶ

 

『事業を拡げる為に他県に住居を構える必要があってそこの家賃が13万円するんです』

『高速代とガソリン代だけでバイトの給料飛ぶんですわ』

『仕事用のオンボロ車じゃ移動ツライので愛車出そうかなと思ってるんです』

 

聞いてもないのに自らの事を語りだし

「本当は自分はもっと凄いんですよ」のアピールをする

 

気持ちは分かる

本業があってそれなりの経験をしてきた人間が

子供ほど離れた人間に指図される事の苦痛さは痛い程分かる

 

完全に失業して諦めてバイトをするならそれも耐えれよう

本業がある状態での年下に使われるバイトは精神的にくるのだ

 

しかも彼の場合は同じ業界で主任の経験がある

一般社員に『トイレチェックしてきて』と言われた日には〇意さえ抱くだろう

事実、私は抱いている

 

だが彼が語っている事が全て真実かは分からない

むしろ疑っている部分の方が多い

 

そのくらい彼は「本当は自分はもっと凄いんですよ」アピールが強い

 

もしこれが全て真実だったら心の底から謝りたい

『疑ってごめんちょ』と

過去の栄光を語る40歳バイト

『あそこ知ってます?僕あそこの初代店長』

『僕の県外の前の事務所の一枚(微妙な有名人とのツーショット)』

『部下が多すぎて名前すら憶えて無かったですよw』

 

とまぁ詳細を語れないので多くは書き出せないが

 過去の栄光を持ち出して語ってくる

 

何となく分かる

語っておかないと自分の今の現状

40歳でバイトをしている事実に耐えらないのだと思う

 

自分を大きく見せておかないと不安で不安で仕方が無いのだ

例え大きく見せる相手が同じバイトの私達であろうと・・・

 

「優位に立ちたい」とかそんな安易な考えではない

 

自分のちっぽけなアイデンティティを守りたいだけなのだ

 

全力で

使える要素は全部使って

 

それほどまでに年下の社員に使われるバイトの立場は心に闇を生ませるのに十分なのだ

 

ましてや一度見限った業界にバイトとして戻ってくる心境は計り知れない

 

彼の本心は計り知れないが少なくとも私は闇を抱えている

 

ただ彼が単純におしゃべりなだけだったら全力で謝ろう

『ごめんちょ』と

過去ばかりを語るおじさんに未来は無い

過去の栄光にすがりバイトを選択するようでは未来は無い

 

事実私が未来が見えてないように彼もまた見えてないように思える

 

余計なお世話だがやっているであろう会社を立て直すか、その道で一から出直すか等を選択した方がよっぽど有意義であろう

 

彼の計画の全てを知っている訳では無いし知ろうとも思わない

 

だが、おしゃべりなくせに過去のみを語ってちっぽけなアイデンティティを必死に守っているように見える彼の未来は明るくないように思える

 

 本当に賢く計画を立てて未来を見据えているならばパチンコ屋のバイトなんて選ばないはずだ

 

パチンコ屋の未来は暗い

 

そんな事も知らないで未来など見えるものかと思うのである。

 

 幸い私は過去の栄光が無い

語る事は未来の事ばかりだ

 

実現出来そうにもない未来を掲げる38才のおじさんと

未来を語らない40才のおじさんの末路がどうなるか少しだけ楽しみなのである。

 

~オワリ~

パチンコ業界の延命方法を真剣に考えた結果

f:id:wanabesome:20170413024758j:plain

 

業界人の証

 

展示会で配られる粗品

 

景気の良い頃は展示会で抽選会なんてあって「一等は大型テレビ!」とか普通にあった

 

今でも超大型(メーカーが数を超売りたい)な時はあるかもしれないがそんな事は今や昔

 

今では粗品を配るのが関の山

そのくらいメーカーも疲弊しているのだ

 

昔程、新台も売れず付き合いで買ってくれるパチンコ屋も減りメーカー内での生き残りが始まってるとさえ聞く

 

そもそも地方の営業所自体を畳む事もあり得るので生き残りバトルもクソもないがw

ざまぁwww

 

新台の数が売れないと判断すると値段を吊り上げるメーカー達

パチンコ・スロット一台当たりの値段をご存じだろうか?

 

リユースやセルのみの販売は下降傾向にあるが単純に『新台』の値段は驚くほど高い

 

新枠や新筐体での販売になると

恐ろしい事に40万円半ばもして

近々出る必殺仕事人5に至っては50万円に迫る

 

バカの極みだと言って良い

 

そんな高価な台でも減価償却出来る前に外さなければならないなんて今のご時世普通にある

 

そんな事が普通にあるからパチンコ屋は台数を多く買わず

 

メーカーは多く買って貰えないから単価を上げる

 

これを『悪循環と言わずして何と言うのか?』が率直な感想

 

値段を上げる前にする事があるのではなかろうか?

 

素直に地方の営業所を閉鎖してネットだけで受注生産するようにすれば良いし

無駄な家賃や義理人情も通じなくなった営業マンなど切れば延命出来る

 

身なりの良い服装をしている優秀であろうパチンコの営業マンなら次の職に困る事もなかろう

 

そうすれば一台当たりの値段を下げれてパチンコ屋が潤いお給料様も痛手を負わない

 

そのくらいパチンコ・スロットの単価の高騰は経営を圧迫しているのだ

 

『液晶を多く搭載して役物を凝ってみました』なんて事だけを言って売りつけに来る営業マンは真っ先に切られてしまえば良い

 

だから私は声を大にして言いたい

パチンコ業界の延命の為に暴騰した台を無理やり売りつけてくる営業マンは必要ない

 

粗品を貰う業界の末端な私は嬉しいがそんな事する余裕があるなら

『値段下げて売れば?』と思わずにはいられないのである。

 

~オワリ~

 

ブログは現実逃避に最適である 将来が無い人間程最適である

f:id:wanabesome:20170411022609j:plain

ネットで何かしてる気分にはなれるが現実は食べる事すら難しい

本業・バイト・ネット

 

これが今の私の生活スタイルの全て

 

本業・バイトの話など底が浅いにも程があって毎日書けるものではない

最早ルーチンワークでしかないのだ

 

それも遠く無い未来に終わりを迎えようとしているのでたまったもんじゃない

 

なら自分で何かをするしかない訳で

 

かと言って後先考えずに行動出来る程有能ではなく大胆さも無い

そもそも人と触れ合うのが嫌いな人間が脱サラして商売をするなんて考えれる訳も無い

 

じゃぁどうすれば良いのか?

 

考えに考えた私が出した答えは

 

一人で出来る事を探す事

 

その最たる例がネットでのビジネスだ

 

だがネットでビジネスをやるにも知識もお金も無かった

もちろん今も無い

 

それでも何かしてなければ焦燥感が私の心を焼いた針で刺しまくる

もう血は吐きたくない

 

そこで見つけたのが

ブログを書くこと

これは素晴らしい

『書けば書くほど人が見に来てなんとかアドセンスで夢のような生活が待っている』

 

頭をそれなりに使って書くし時間もかかる

何より何かをやった気になれるのは現実逃避に最適なのだ

 

そう思って始めたもののアクセス数は伸びるわけもなく実際に収益をあげる為には

人並み外れた「努力」と人並み外れた「運」と人並み外れた「才能」と

人並み外れた「経験」

このどれか一つでも持ってないと他人は興味すら持ってくれやしない事に気付く

 

こんなおっさんのブログなんて誰も見にきやしないのだ

 

現実を突きつけられても止められないのはやっぱり現実逃避に最適だからだと思う

 

妻が私を信じ切っているのがツライ

妻は私が新しい事に挑戦して輝かしい未来が待っていると私を信じている

だが正直可能性は低い

 

私自身も新しい事に挑戦したいが如何せん無能を自負する人間

 

だけど安心させる為に

「ブログをきっかけに新しい事をする」なんて言ってしまっている

 

一人パソコンに向かって書き続けても新しい事なんて思いつきやしないのに

 

私にもっと社交性と行動力があれば妻の淡い期待に応えれる振りだけでも出来るのにと思うとまた血を吐きそうになる

 

ブログを書いてるうちはそういった現実から完全に逃げられるし

書いているうちにもしかしたら「人並み外れた運」を手に入れられるかもしれない

 

将来が不透明すぎる人間程、ありもしないものにすがるしかないのだ。

 

だから私は今日も現実逃避をするべくブログを書くのであった。

 

~オワリ~

 

おっさんでもチャンスが欲しい おっさんはチャンスすら求めてはいけないのですか?

2017年

新卒の雇用を増やす企業が増えている

 

売り手市場の時代が再来!!!

 

などどこんな見出しの記事を読んで思った

 

「人手不足なんでしょ?」

「おっさんにも応募するチャンスくらいくれよ」って

 

f:id:wanabesome:20170409020335p:plain

おっさんだってまともに働きたい

日本は未だに新卒至上主義でよっぽどの能力かよっぽどの運がよっぽどのコネが無い限り職を変わるとステップダウンする

 

欧米なんかは転職は当たり前でヘッドハンティングは日常茶飯事だと映画で見た

 

要は日本は一度落ちぶれたら這い上がる事が非常に困難な国なのだ

 

それ故にどんな待遇を受けようが一つの会社にしがみつく

体を酷使し精神を病みながら・・・

 

それが人生において正解か不正解かは分からない

自営業の次男坊でバイトをしてる私には尚更分からない

 

ただ言える事はしがみつける会社がある人間は羨ましいとさえ私は思う

 

新卒の雇用を増やすとは聞いても中高年の雇用を増やすとは聞いた事がない

どこかの会社が中間管理職を確保する為に中高年の採用を増やす事はあっても

おっさんを一から育ててくれる気の利いた求人を見た事も聞いた事もない

 

おっさんの求人は俗に言う色んな意味で「キッツイ仕事」ばかり

例え同じ分野の転職をしても待遇が下がるなんて当たり前

 

だから映画の「マイ・インターン」のようなシニアのインターンみたいに

「ミドル・インターン」なんていうのがあって良いと思う

 

試しに入ってみて職場を経験し使えそうなら雇用する

派遣みたいな形ではなく「おっさんでも長い目で見て欲しい」

 

こんな制度が国主導であって良いと思う

いや、無いとおかしい

 

おっさんでも希望して最低限のスキルが合致するなら強制的にでも3か月から半年くらいは雇用しなければならないそんな制度

 

その間、補助金でも国から出せば会社は痛みが無いし使える人材なら儲けものくらいの感覚で

 

使えなければ情け容赦なく切ってくれれば良い

 

せめて1回、多く望んで2回

 

そのくらいなら悪用する輩は排除出来る

おっさんはおっさんで希望する会社の最低限のスキルを必死こいて身に付ける

 

身の丈にあった会社を探し挑戦してそれでもダメならキッツイ仕事でも諦めがついて出来る

己の実力を思い知らされるから

 

勿論国からの補助が出るのが上限があるだけで己の実力を高めて再挑戦するのは自由

 

「おっさんだから」という理由だけで新卒みたいなチャンスも貰えず

「お、おう」みたいな仕事ばかりの求人を目にするのはもう沢山だ

 

おっさんだってチャンスが欲しいんだ!

 

近々私より年上のダブルワークな新人バイトが入ってくる

 

本職で食うに困り掛け持ちをしなければならないのだと言う

 

金持ちはより金持ちに

貧乏人はより貧乏人に

 

そんな貧富の差は確実に広がっていると感じるのだ。

 

早急にそんな制度を心待ちにしながらひたすらお給料様に頭を下げながらバイトを続けるのである。

 

 

パチンコ屋の店員が持つスキルで活躍出来る仕事を探す 

咳、花粉症、腰痛のトリプルコンボを抱えながら仕事(バイト)をしている38歳

 

OSN38のおっさんです

 

今日は来るべきパチンコ業界の崩壊に伴い失職する莫大な数のパチンコ屋店員について真剣に考えてみました

 

実際に崩壊するかどうかは知りませんが右肩下がりになるのは間違いないのでいずれにせよ、そう遠くない未来に大量のパチンコ屋店員が世に放たれる事になります

 

イメージとしては世紀末な「北斗の拳」を想像して頂ければ幸いです

 

主に「消毒される側」で登場しますので

 

f:id:wanabesome:20170407020009p:plain

 

『そんな搾取されるだけの側のパチンコ屋店員を少しでも救いたい!』

そう思って仕事中(バイト)ずっとろくにリアルハムスターもせず考え続けてみました

 

パチンコ屋の店員が得意な事を活かした活躍出来る場所はどこか?

 

考え事しすぎて若造社員に

「体調悪いんですか?休んでていいですよ?」と嫌みたらしく言われ

「お主らみたいな将来性皆無なパチンコ屋店員を救う事を考えてるのに」と憤慨しながら無視して考えました

 

パチンコ屋店員に頭を使う高度な作業は無理

笑ってお給料様にペコペコしてればお給料を貰えるのだから頭を使う必要が無い

 

なら体に沁み込んだ動作を活かすしかない

 

パチンコ屋店員が得意な動作・・・

 

おしぼりをサッと剥いて渡す事・・・

 

・・・俺、おしぼりをサッと剥いて渡すの得意だ・・・

 

これだ!

この動作で出来る事は無いか!?

 

必死で考える

 

剥く・・・

渡す・・・

 

・・・ダメだ

 

パチンコ屋店員の中でも最底辺のバイトに成り下がってる私では何も思いつかない

 

魚肉ソーセージを剥いてアメリカンドッグを揚げる人に渡すとしか思いつかなかったなんてとてもじゃないが言えない

 

このままではパチンコ店員のほとんどの人が路頭に迷ってしまう

 

もっと絞って考えた

何事にも特化させた方が良いと聞く

 

ならば剥くを選んで「剥く」事に特化した仕事

 

・・・

・・・・・

バナナって剥くじゃないですか?

 

人間の方が機械より繊細に剥けるじゃないですか?

 

お腹が空いてたら味の品質も試せるじゃないですか?

 

バナナ業界の御方!

これから失職するであろう大量のパチンコ店員の受け皿になりませんか!?

 

笑顔だけは人一倍に作れますから是非ご検討の程を宜しくお願い致します!

 

 

・・・こんな事ばかり考えてるから今の環境から脱出できないのである。

 

~オワリ~