読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

パチンコ屋にいらっしゃいませは必要か?

ィーラッシャーセーと発声するだけで時給が発生するバイトをしている38歳です

 

今日はパチンコ屋店員が当たり前に言ってる「いらっしゃいませ」について考えてみました

 

見も蓋も無いですけどそもそも

「いらっしゃいませ」要りますかね?

 

私見では「いらっしゃいませ」は

「ようこそいらっしゃいました

ごゆるりとお過ごしくださいませ」

的な認識をしております

 

その台詞パチンコ屋に要りますかね?

ごゆるりとさせるつもりもないのに

 

それなら

私共のお給料の為にわざわざお越し頂きまして

「ありがとうございます」

 

私共も商売でございます。

ご理解頂いた上で遊技をして頂きますよう

「お願い致します。」

 

お客様に毎日のようにご来店頂けないと潰れてしまいます。

どうか

「助けてください。」

 

この3つでも連呼してた方がよっぽど伝わる

 

来店されて「ありがとうございます。」

遊技中愚痴を言われて「お願い致します。」

退店の際に「助けてください。」

 

どうせ騒がしい空間なんだから

本音を叫んでもいいじゃない

バイトだもの

 

 

 

 

 

儲からないと噂の台を打ってみた 業界人の言う事の裏がお客様には正しい

お店の責任者が口を揃えて言う時がある

 

「あの台は儲からない」

 

即ちお客様に有利な台ということだ

=私にもチャンスがあるということ

 

この脳内変換は典型的なパチンコ打ちである

今まで「儲からない」と聞いて何度返り討ちにあったことか

 

確率は収束し結局は大概スペック通り

1日2日単位では確率が暴れるのが普通

 

ほぼ下へ暴れるのを掴み負け散らかして責任者に文句を言う

「何が甘いだ!お前は信用出来ん!」

 

そんな取締役

 

毎度パチンコ接待の残業である

 

f:id:wanabesome:20170224014834j:plain

 

先日なんか最悪であった

「また割も取れない儲からない台があるらしいぞ」

「ちょっと打ちに行ってみよう」

 パチンコ接待の始まり

 

普段なら私は5スロコーナーへ逃げ込むのだがその日は違った

 

今回の儲からない台はパチンコだ

よりによって4パチにしかない

「ここを打て。お前はこっちで俺はこれ。」

 

私に選択肢は無いらしい

 

4パチなんて何年ぶりだ?

AKBが最初期に出た以来じゃないか?

5スロ時々20スロ稀に1パチな私は4パチは打たない

 

トイレ休憩に行けるくらい当らないくせにやたらと長いリーチとトイレ休憩すらさせて貰らえない確変中が嫌いだから

 

「嫌です!4パチなんて打ちたくないです!」

なんて言える訳もなく財布にあるお金を全て使う覚悟で座る

38歳なのに7千円しか入ってないけど

嫁に何て言い訳しようかなぁと考えてる矢先

 

手が震えだす3千円目でちゃっちい役物が派手に動き、訳が分からぬまま当たる

 

入れ替えで毎回見ているとはいえ全ての台の演出を知ってる訳ではなく何の演出が熱いのかさえ分からない

ただ思う事は

「液晶パネルの無駄遣いしすぎ。液晶パネルを無駄に沢山つけるから無駄に値段が高いんだ。バカチンめ。」

f:id:wanabesome:20170224022338j:plain

 

先に当てられたのに取締役はドヤ顔である

「どうだ?店が儲からないだろ?」

「俺も今からだ!」

初当りが軽かっただけでドヤ顔されても正直困る

 

だがそれ以降、取締役はドヤ顔どころか笑顔すら無かった

 

私は「空気を読め!!!このクソ台め!!!!!」と心の中で叫んだ

順調に連チャンしていく私の台を後目にただひたすらに千円札が吸い込まれていく取締役の隣は正直生きた心地はしなかった

 

時間にして1時間弱

出続ける私と

吸い込まれ続ける取締役

 

その間、取締役は私の方を向く事は一切なくボタンを強打していた

 

この後、残業という名の送り届けが怖くて仕方無かった

 

連チャンが終わると同時に取締役は「帰るぞ」と一言

私は勇気を振り絞って一言だけ言う

「こんなに出たのパチンコ人生で初めてです!取締役のお蔭です!ありがとうございます!」

「・・・・・だろ?儲からないだろ?俺の言う事聞いとけば間違い無いぞ!」

 

パチンコ接待の残業中「俺が選んだ台でお前が出た!」と恩を売られたので

「飲み接待頑張ります!」とだけ答えた

 

勇気を振り絞った一言と次回の飲み接待のグレードアップの約束で私は仕事を失う事なくアルバイトをしている

 

そんな儲からない台の一撃

f:id:wanabesome:20170224025311j:plain

 

業界人らしく専門用語を散りばめた事を反省

近々用語語録作成しておきます

 

 

 

取締役はオカルター 残業はつらいよ

業界人らしくたま~~にはパチンコを打つ

最近は専ら5スロだけど

 

業者が取引してるお店で打つのはよくある話で趣味か仕事の一環か会話のネタかは人それぞれ

 

f:id:wanabesome:20170223005908j:plain

業者は接待をする時もある

残念ながら期待して想像されているような接待は今時聞かない

 業者との癒着を防ぐために店長クラスでも禁止しているグループもあると聞く

 

私の場合は

「パチンコ接待」

打ちたい気分の取締役をお迎えにあがりパチンコ屋に赴き共に打つ

 

行きたい気分でも無いし手持ちもないおじさん捕まえて自分が取り締まってるお店で打つ

 

取締役とはいえ経営者では無いし自分のお金で打っているので経営者からは何も言われない

はず

 

そんな取締役は現場出身

所謂叩き上げ

なのにパチンコを打ち

負け散らかした後に大概言い放つ

 

 「スーパーリーチの後は当たりが近い」

「台が当たりを出したがっている」

「経験上間違いない」

 

現場出身なのにオカルター

パチンコで商売してるのにオカルター

 

どこぞの大御所パチンコ漫画家さんと似たような事を仰られる

 

まさかパチンコ企業の取締役がオカルトを信じてるなんてネタにするしかないじゃないですか

 

その後も真剣な顔付きで

「波があるだろ?台の波」

「波が引いたらさっと止めないと負ける」

「スーパーリーチがよく来る台は手放すなよ!」

 

私は完全確率という言葉を完璧に忘れ去って熱弁する負け散らかした取締役に笑顔で応える

「勉強になります!」

 

ここまでがパチンコ接待のワンセット

 

その後、負けた取締役を車に乗せて送り帰す道中なだめるのはパチンコ接待の残業である

 

 

お客様は理不尽である バイトの苦悩

日々、生産性の無いアルバイトをしている

 

島の中をひたすら歩き回りお客様に笑顔を振り撒く

気分はリアルハムスター

字面にするとちょっとカッコ良い

 

f:id:wanabesome:20170221173919j:plain

常に笑顔

38歳アルバイトの笑顔はひたすらに気持ち悪いだろうが業務命令だ

致し方ない

 

ジャグラーの島を歩いているとお客様によく話し掛けられる

笑顔だから

 

何か良い情報でもくれるのか?と思いきや大概愚痴

やれ「出ない、ボッタクリだ」と仰られる

 

「こちらも商売でやっているので諦めてください。そのお金がバイトの給料になり業者の支払いに変わる流れです。何事もほどほどですよ。」

 

溢れ出そうになる言葉を抑えて

「上の者にもっと遊べるようにしてくださいと伝えておきます。」

 笑顔で言う

 

偽善者である

だって伝えないもん

バイトにそんな権限がある訳無かろうもん

 

そんな愚痴は可愛いもので

「俺のジャグラーがレギュラーだけで7連チャンした!何かしてるだろ?!」

何かとは噂の遠隔である。

そんな技術知ってたらバイトなんかしてない

 

そもそも俺のジャグラーとは何だ?

お店の物だ

7連チャン?

連チャンしてるじゃん?ダメなの?

 

ビッグだけで7連チャンしたら愚痴も言わないどころかホクホクで帰るのに?

 

自分に都合の良いことはラッキーで都合の悪い事は遠隔ですか

 

それでも困った振りの笑顔で

「上の者にもっと遊べるようにしてくださいと伝えておきます。」

困り笑顔が得意になって困る

 

バイトはそんな愚痴を受け止める係

 

愚痴だけ受け取り反論も許されない係

 

お客様はいつだって理不尽である。

 

 

経済がまわるとは バイトでも経済は考える

パチンコ屋でアルバイトしていると多種多様な人を見ることが出来る

 

ある常連なんかは近づいてきて

「あの人はどこどこの社長さん」

とか

「あの人はマンション持っててお金持ちだ」

とか

勝手に個人情報をばらまいて負けて帰って行く

真偽の程は確かめようが無い

 

私もわざわざ負けてる他称社長に 

「毎日負けてますね。お金持ちなんですか?」なんて聞けない

 

 分かった所で得るものは何一つ無いし、何より「あいつはバカ」の称号が貰えるだけだ

 

その常連とは別にほにゃららガスと書かれた作業着を来たお客さんが言ってくる

「あそこに座ってる人うちの会社の専務」

確かに見るからにお金を持ってそうなスーツを着ている

ジャグラーのランプが光る度にその作業着の人を呼び、目押ししてもらっている

専務は光らすだけの作業だ

 

何が楽しいのかは分からない

 

お金もあるだろうにスロットなんかに時間を使わなければ良いのに

 

きっと家に帰ったら専務でも居場所が無いのだろう

嫁にアゴで使われてるに違いない

肩もみや食器洗いをアゴのサインだけでやらされるのだ

アゴだけで専務を操縦する技術があるなら是非教えてもらいたい

 

そんな専務でも使ったお金が私のお給料になり私がガスを使って専務のお給料になる

 

これも立派な経済の話

 

経済はこうして回ると認識した話

 

 

38歳アルバイト 妻子あり ローンもあるよ 働く気のある無職が羨ましいとさえ思う

38歳にしてこの肩書

 

笑いたければ笑うが良い

泣いてやる

目の前で泣いてその笑いを凍り付かせてやる

良い歳したアルバイトのおじさんが不甲斐なくて泣く姿は正社員にはさぞ滑稽であろう

 

私は基本メンタルが強い方では無い

「お前の父ちゃんアルバイト~」

なんて子供がからかわれたりしたらどんな顔をして子供と向き合えば良いか分からない

我が子をいじってきたよそ様の子供に寿司をご馳走してやろうと思う

f:id:wanabesome:20170218021404j:plain

少し時が経った寿司を

 

職を探して繋ぎの為に、取り敢えず生活をする為に止む無くとかではない

先の見えない本職が限界だからバイトで食い繋いでる

 

自分で泣きついたから逃げるに逃げれない

逃げたら本業も漏れなく逃げていく

 

将来性を考えたら無職より質が悪いかもしれない

働く気の無い無職なら話は別だが

働く気のある無職>>>>>働いてるアルバイト

正社員として就職活動が出来る時点で私は負けている気がする

 

だから私は今、正社員という奴らが嫌いで嫌いで仕方がない

同じ泥船の業界に居て「お前も10年後俺と同じような負け犬気分を味わえ」と10歳以上歳が離れた正社員を自分の都合で毛嫌いしている

 

そんな奴に「トイレ掃除してきて」とか言われて何度大便をして流さずに放置してやろうと思った事か

紹介して貰ったオーナーの意向で「業者としての立場は隠せ」と言われているので素直に従っているがこのまま人生終わる訳にはいかないので虎視眈々と人生逆転の準備をしている

このブログもその一つ

おっさんの人生を綴った本でも出してやろうかと画策している

 

そして印税で子供達を幸せにしたい

 

夢見がちなおじさんの戯言

 

パチンコ業界の値段設定 島の値段

パチンコ屋一軒開店するのにどれだけの費用がかかるのか?

 

規模にもよるけど200台クラスの店でこだわらなければ5億あれば作れるんじゃないですかね適当

(200台はスロット専門店だとしても小さい部類)

 

地域によって差はあるし居抜き物件だとまた値段は変わってくると思いますし

駐車場広めに確保して建物を建てたりしても恐らく5億~くらい

 

知ってる価格を組み合わせただけなので正確な数字は藪の中

 

f:id:wanabesome:20170216141144j:plain

 

建物云々よりあんなものがこんな値段って話 雑学も混ぜつつ

 

パチンコやスロットが収まってる風景見たことありますか?

入れ替えの写真撮ってこようと思いましたけどさすがにまだバレる訳にはいかないので

 

グーグル

パチンコ 島 画像

 

これで検索すれば見れます

 

時代の進化で枠組の素材は変わってきてますが

アレ基本、「木」

 

「木」

 

補強に鉄、スチール等を使ったりしてますけどスロット嵌め込むだけの島ならほぼほぼ「木」で構成されています

 

パチンコの島はちょっと特殊で「木以外」も多目に使われていて

玉を補給(玉を洗ってパチンコ台に届ける事)する必要があるので別仕様

 

でも大きな力で揺らしたら思いの他揺れる

イライラしてるお客様が台の横のスペースを本気で揺さぶったら反対に座ってる人は本気でビビります

 

島の長さにもよりますけど一列20台くらいの店の島なら揺らせます

揺らせるだけで営業中に倒れたという話は20年間で一度も聞いた事は無いです

 

反対にスロットの島は揺れるイメージが無い

台に奥行きがあるからですかね

興味無いからそこまで詳しくない

 

島を製造してる業者を敵に回したくないので補足しますが「大部分が木」の島「も」あって全部が全部「木」では無いです

 

ただそこまで「木」を使うから職人さんの事を大工さんと呼ぶのかと納得した記憶

 

この業界特殊な値段の算出方法があって「一台につきなんぼ」

「台あたり」なる名前で呼ばれてます

台あたり10万円で300台の店だと3000万円といった具合に

 

例えば台の横にサンドと呼ばれるお金を入れる機器は本体7万円

それを集計するコンピューター、設置費用等々を込々で計算して台あたりとして出す

結果「台あたり10万円です」こんな感じ 

 

他の業界知らないのですが雑学までに

 

そんな「木」の値段

業界の生き字引に聞いたからそこまで剥離は無いはず

もっと安価で請け負う会社もあるらしいですが生き字引が居た会社では

 

質素で普通なら 台あたり10万

12,3万あれば御釣りがくる

 

パチンコ用に補給をつけて 台あたり14、5,6万

 

そこから幕板と呼ばれる上の部分等に装飾を施したら上乗せ

職人さんを長く滞在しなければならない仕様ならその分は上乗せ

 

500台のお店でパチンコ300台スロット200台で適当に計算すると

パチンコ4500万

スロット2400万

合計6900万

 

お店の中に高級一軒家を建てるイメージ

 

更に生き字引の余談で

島の端と端に付ける板を「飾り板」と呼びます

 

それにこだわったデザイナーさんが居て凝りに凝った結果

「一枚80万になった」

「あんなもの目隠しでお客さんは見もせんのに」


80万×2×島の数=バカバカしい値段

 

「それなのに儲けは無いし、納期が遅れるだけだった」との事

 

何の為にこだわり抜いたのかはそのデザイナーのみぞ知る話