見られたいようなみられたくないような.com

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

送料無料なんか無くしてしまえば運送業界も復活してリアルのお店も復活すると思う。

いらっしゃい。

まだ稼げる副業に出会えてないんだ、ごめんね。

 

f:id:wanabesome:20170722144058p:plain

 

さんがさんこさんです。

皆さんご存知でしたか?

パチンコ・スロットの台ってトラックで運ぶんですよ。

 

大手の佐〇急便とヤ〇ト運輸がパチンコ台運送の取り扱いを止めたんです。

以前と比べて台が重くなって運べる台数と重量が見合わないからですって。

 

また送料が高くなっちゃうと嘆いてる業界なんです。

 

そんな流れで今日は送料について。

送料無料、止めちゃえば?

 

『何円以上の購入で送料無料』

 

こんな文言をネットで買い物をする際によくみかけると思う。

 

結果、購入されたお店が払うのか、運送会社が負担するのか、価格に反映してて購入した人が払うのか。

そんな事も知らないけど。

 

詳しくもないけど『送料無料』が当り前って考えが好きじゃない。

 

送料を無料にする為に各企業が血眼になってる姿を想像すると恐怖を憶える。

そして回りまわって運送業界にしわ寄せが行って悪辣な労働環境になっているとさえ思う。

 

そしてリアル(現実)のお店も『ネットの方が安いから~しかも送料無料♪』といって敬遠されて衰退していっている。

 

地方の田舎に住む人間にとって近所のお店が潰れていくのを見るのは悲しい限りなのだ。

 

商売だから勝者と敗者が生まれるのは分かる。弱肉強食だ。常に努力を重ね続け、結果を出したものが生き残る。当り前の話だ。

 

だが『送料無料』、君はダメだ。

 

悪循環でしかない。

本来、人が動くサービスで『無料』は有り得ない、商売はボランティアではないのだ。

 

出血大サービスとかなら知らない。好き好んで出血してるんだから。

送料無料を止める事で復活する配達業界とリアルのお店

 

まず送料をキチンと運送業界に支払う事で業界は改善に向かうと思う。

人手不足だけど給料が良いからと現職の人達は思えるだろう。

従業員に還元しない企業は言葉は悪いが『消えてくれ。』

 

そして我々パチンコ業界の崩壊の際、受け皿として構えてて頂ければありがたい。

実際、私が求人情報誌で条件が合致した上で応募出来そうなのが運送業界が多いからというのもある。

 

『送料無料』を止める事できっと救われる業界もあるのだ。

 

そしてリアルのお店が復活すると思う理由。

『ネットと価格の面で戦わなくて良い。』

『リアルなお店で出来る事に特化すれば良いと思う。』等々。

 

ネットでの買い物は確かに便利だが現実に手を取って見比べれるし、お店によっては〇〇ちゃんのオススメを自分の目で確かめた上で購入出来る。

 

勿論様々な都合でネットでの買い物しか出来ない人も居るだろうが運んで貰うという『サービス』を受けるのだ。送料はサービスへの対価だ。それを無料が当り前と思うのは些か高慢だと思う。

 

こうして『送料無料』を止めた場合、ネットでの注文が高くなる。

当り前だ。送料をきちんと払うのだから。

 

ネットでの注文が高くなるとリアルのお店との価格差が狭まる。

そうした時にリアルのお店の努力も必要だが復活への道が開かれるのだ。 

 

 

運送業界は企業の基盤強化や給与面を優遇する事で復活を果たせる。

 

ネットでの注文も減り人手不足も解消されるだろう、いや、今度はリアルのお店の復活からの運送依頼が舞い込んできて嬉しい悲鳴に変わるかもしれない。

 

物流に全く詳しくない私でも『送料無料』が良い事だらけじゃないと思わされたパチンコ台1台の運送料を知った日。

 

 終わりに

 

素人考えなのは分かってます。

『違う所だらけだ!』という指摘は甘んじて受けます。むしろ教えてください。

 

本音を言えば、いつか転職するかもしれない運送業界が良くなっている事を希望するだけの駄文なのですから。

 

私の未来は未だ不透明なままなのだから。

 

~オワリ~

 

KAMAGRA-100 GOLDの使用感。半分編。効果はいかに?

f:id:wanabesome:20170720145739j:plain

 

さんがさんこです。さん付けするとさんがさんこさんです。ほらさんがさんこ。

 

私はいわゆるEDではないです。かの有名なインポテンツではないです。

 

ひょんな事から頂いたので使用感のご報告だけしようと思い筆を取った次第であります。

カマグラ ゴールド100の使用感

 

19時前後

カマグラを飲む前に350mlの発泡酒を一本。

 

21時

カマグラを半分にして服用。

変化は無し。

 

21時30分

ビールを追加で一本。

変化は無し。

おかしい、30分過ぎた頃から効果が出始めると聞いていたのに。

 

22時

焼酎ロックに切り替える。

変化は無し。

 

23時

行為開始。

気持ち、力が籠ってる感。思い込みの可能性大。

いつもより一体位多く出来たくらいか。これも思い込みのお蔭か。

 

24時

行為終了。

行為後の縮小が若干遅い感を受ける。

 

気になる副作用的なものは一切ない。だが恩恵も大きくは感じ取れなかった。

 

『俺は今日!イケる!』の思い込みの部分が自信を持たせてくれたのかもしれない。

 

次回は恩恵を大きく感じるべく1錠まるっといってみたいと思う。

 

因みにカマグラバイアグラジェネリック医薬品らしい。

中には紛い物があったりするらしいので購入の際は信用あるべき所で買うのが良いらしい。

 

箱の見た目がすでに怪しいけど。

 

さて、副業探してきます。

 

~オワリ~

 

パチンコ業界が崩壊した時に失業者がどのくらいかバイトの私が適当に考えてみた。対策は・・・無い。

いらっしゃい。

憐れむなら仕事をください。

 

f:id:wanabesome:20170718153201p:plain

 

パチンコ業界の人、息してますか?

 

私は一度、底に落ちてるのでもう一段階くらいなら平気です。多分。

 

さて、規制の正式な発表があって警察庁パブリックコメント受付中ですがどうにもなんないでしょうね。

 

何の役に立つか分かんない「面子」とやらがあるでしょうから。

超適当にパチンコ業界の崩壊で何人が失業するのか考えてみた

 

 今、パチンコ屋さんは全国に10,000店舗『前後』あります。

パチンコ・スロットの総台数は450万台『前後』あります。 

 

www.yano.co.jp

 

詳しくはリンク先へ。

 

この数字を元に超適当にパチンコ屋で働く人の数を出してみようと思います。

 

小型店、大型店、場所、稼働状況により働く人の必要数は変わりますが超適当なので気にしないでください。

 

まず10,000店450万台に焦点を当てて1店舗の平均を出します。

 

単純に割って450台のお店が10,000店に均します。

 

450台のお店を運営するのに必要な人数を求めます。

 

パチンコ屋の多くに採用されている形式で早番、遅番で分けます。

 

早番バイト4人+社員1人

遅番バイト4人+社員1人

 

これにお店のナンバー1~3が現場に出たり出なかったりで調整。

 

事務員1人

掃除の人2人

警備員1人

 

1日営業するのに17人必要。

 

これが1店舗当たりの人数だとするとその10,000倍

 

170,000人の人がパチンコ屋に直接雇用されてる事になります

 

 

ここから更に経営する企業にも当り前のように人が居ます。

 

パチンコを経営する企業数は先ほどのリンクにもあるように3,400法人。

 

これこそ規模の大小があって難しいですが超簡単がテーマなので均します。問答無用で均します。

 

10,000店舗で3,400企業なら1企業あたり3店舗を経営。

 

この規模なら1企業当たり

社長1人

取締役2人

事務2人

経理2人

企画・雑用3人

 

計10人で十分。

 

3,400企業だから?

 

34,000人が乗っかります

 

即ちおおよそ200,000人が失業の危機なのです。

 

実際には34,000人の上位数パーセントは別の事業もあるでしょうけど超簡単に言うとこのくらいです。

 

 

これだけで終われば良いのですが更に続きがあります。

 

パチンコを販売するメーカー、その下請け、関連機器を販売する企業、運営する為に必要な業者達。

 

パチンコ屋を相手にした企業も当然あります。

 

これらは全部が全部、倒産の危機にあるとは言えませんが打撃を受ける事は必至。

 

特にメーカーと業者は壊滅的であろうと予測されます。

 

その数は超適当に考えても計り知れません。

 

希望的観測で1店舗当たり10人と考えても100,000人。

 

私も漏れなく100,000分の1。

 

ははっ!さすがレアな人間を自称するだけあった。

 

 

最後に

実際はこの規模では収まらないとさえ思います。

 

それだけ大きくなりすぎてしまった業界。

 

ワガママは言いません。どうか多くの人がせめて生活にだけは困りませんようにと願うばかりなのである。

 

私は家族にお腹一杯美味しい物を食べさせたいだけなのである。

 

~オワリ~

 

 

パチンコ業界で働く30歳以下の人間よ今すぐ辞めろ。30歳以上は諦めろ。

f:id:wanabesome:20170713152018j:plain

 

悲しいかな。今回のパチンコ規制は威力がでかすぎたようだ。

 

あるオーナーの話が伝え漏れてきたのでお伝えしておこう。

 

『どこかうちの店を買ってくれる所は無いか?』

 

もう、営業を続けて行く気がないようだ。

 

規制だけではなく設備関連もどうやら大幅に変わり、それを導入しなければならない話まで上がっている。

 

店の負担は膨れ上がる、だが売上は下がるのは確定している。利益も取れそうにない。

 

それでも投資する企業が一体どれほどあるだろうか?

 

業界人複数と話をしたが小規模のグループは限界まで営業し、その間売り先なり事業を変えたりする努力の方向に切り替わる。

 

中規模でも資金繰りが厳しい所は同様だろう。

 

大手寄りの中規模が何とか生き残るかオーナー判断で閉店するかは文字通り規模による。

 

大手も採算の合わない所は容赦なく閉めるだろう。

『周りが閉めるまでは体力勝負に持っていくかも』なんて話も出たが、バカでかい箱のパチンコ屋を維持する方がしんどいので『大手でさえも分かんねえぞ、これ』という言葉は多数の業者の口から吐き捨てられた。

 

今、私の周りの業界人は皆、お通夜モードである。

30歳以下の人間が今すぐ辞めた方が良い理由

 他に活路を見出すのだ。

 

30歳前ならまだ何とかなる。人手不足の業界は一杯ある。そこで新しく始めるんだ。

そして一つの仕事に囚われず、自分の出来る事を模索するんだ。

 

転職した業界も終わってるかもしれない。

 

だがパチンコ業界に比べれば終わる速度は緩やかなはずだ。

 

一生サラリーマンで給料を貰っていくつもりなら早々と行動するんだ。

 

サラリーマン+副業+副業+副業みたいな感じで出来る事全てに挑戦するんだ。

 

主たる給与をパチンコ業界に頼ってはいけない。間もなく、そう遠くない未来に終わるのだから。

 

超大手や地場の超優良大手は生き残るかもしれんがどの道、現時点で30歳前の雇われ店員には出世などない。

 

 捨てられた時に30歳オーバーだと拾い手は少なくなるばかり。

 

もし、業界が生き残って転職した先がつらければ戻ってくれば良い。

この業界は下っ端なら40歳からでも雇ってくれるのだから。

 

貴重な20代をこんな業界に使うんじゃない。

 

自分の未来は自分で考えて創り出すんだ。

30歳以上の人間が諦めるべき理由

もう、本当に諦めて。

 

諦めて業界に尽力して欲しい。

 

どうせ『やばい、転職しなきゃ』とか考えてるでしょ?

 

その転職先、言っちゃあ悪いけど何歳からでも歓迎な訳。

 

待遇も今より悪いし。

 

後先無いでしょ?

 

じゃあ死ぬ気で尽力を求みます。

 

「どうすればお客様が増えるか?」

「どうすれば勤めてる店が生き残れるか?」

 「どうすれば地域で一番の店になれるか?」

「どうすれば業界が良くなるか?」

「どうすれば社会に貢献出来るか?」

 

常に「どうすれば?」を考えて頂きたい。

 

覚悟を持って今やるべき事を尽くし業界に尽力して頂きたい。

 

元々パチンコ屋からの30歳越えての転職は想像を絶する程地獄なのだから。

 

 

 38歳、アルバイトの私は覚悟を持とうが勤める店の小さな事すら変える力がないのは口惜しい限りなのである。

 

かと言って今さら社員になるのは負けた気しかしないのである。

 

私の人生はこれから自分で決めるのみなのである。 

 

~オワリ~

 

 

パチンコ規制について一言だけ書いてみる。

どうやらヤフーニュースにまでパチンコ規制について掲載されている。

 

そして2ちゃんねるにまでもスレッドが立ち議論になっている。

 

そこで勘違いしてる方が多いので一言だけ言っておきたくて書いてみる。

 

現時点ではソースは警察庁ではなく新聞がソースであって、全てが全て信じたく内容ではあるが大方似たような規制になるのは免れないであろう。

 

まず現行の規制では

 

『1時間の出玉は発射させた玉の3倍未満』

『10時間では2倍未満』

 

これが

『1時間の出玉は2.2倍未満』

『4時間では1.5倍未満』

『10時間では1.3倍未満』

 

ここで注目したいのが警察庁が掲げると言われている4時間5万円未満を基準にするという点だ。

 

4時間で1.5倍未満が新設された理由はここにあるだろう。

 

そして私が最大に言いたいのはここである。

 

1時間に発射出来る玉が6000発

4時間だと24000発。

 

多くの人が勘違いしている部分はここ。

24000発の1.5倍の36000発が「獲得出来る玉の総数」だと思っている点だ。

 

36000発がそっくりそのまま手元にある訳ではない。

 

24000発を発射しているのだからそれを引かないとおかしい。

 

36000発ー24000発=12000発

 

1発4円で48000円分の「景品」に交換出来ると考えると警察庁が掲げる4時間5万円に合致する。

 

これが警察庁が掲げると真しやかに噂されている4時間5万円規制。

 

ソースが新聞なだけに「あの」警察が明確に〇円とは言わないと思うので飛ばし記事な事を期待したいが甘い考えだろう。

 

では、この規制でどうなるのかおさらいしよう。

現行

1時間で3倍未満

6000発打ち込んで18000発未満の払い出し 差玉12000発未満

48000円未満分の景品

 

10時間で2倍未満 

60000発打ち込んで120000発未満の払い出し 差玉60000発未満

240000円未満分の景品

 

噂される規制後

1時間で2.2倍未満

6000発打ち込んで13200発未満の払い出し 差玉7200発未満

28800円未満分の景品

 

10時間で1,3倍未満

60000発打ち込んで78000発未満の払い出し 差玉18000発未満

72000円未満分の景品

 

理論上の最大数でこの差である。

 

法律では射幸心を煽る事自体は禁止されていない。

過度に射幸心を煽る事を禁止しているだけなのだ。

 

それを警察の胸先三寸で決められてはたまったもんじゃない。

 

パチンコ屋だって商売なのだ。

この規制では売上が減る要素しか思いつかない。

 

売上が上がらなければ利益も取れない。

 

2ちゃん界隈では潰せ潰せのシュプレヒコールだが今、突然、俗に言う受け皿を崩壊させた暁にどうなるか想像もつかないのだろうか。

 

産業として成り立っているものを法規制で潰そうとするのは業界人としては悲しい限りである。

 

せめて失業した人が救われる社会を築いてから潰して欲しいと願うばかりである。

 

~オワリ~

 

追記

2017年7月11日

警察庁 パブリックコメントで意見募集開始

 

内容は上記通りの規則になりました。

 

ちょっと転職先探してきます。

 

 

 

 

27歳無能説。私界隈限定の話。彼らに未来はあるのか?

いらっしゃい。

38歳自営業な実家の会社員。

主な収入源はアルバイトです。

 

f:id:wanabesome:20170710142203j:plain

 

パチンコ屋で長い事アルバイトしてると様々な人に出会えます。

良くも悪くも。

本日は私界隈限定ですが語ってみます。

27歳無能説

今、私の周りに27歳の知り合いが3名。

知り合いの知り合いが3名。

 

人生で最大の数の27歳達に囲まれるムーブメントが巻き起こっている。

 

バイト仲間の27歳Mくん

前職もバイトで大手のパチンコ屋で働いていた。

『あちらの方が待遇は良いのではないか?』との質問に『家が近すぎるから』などと訳の分からない答えを放つ無能だ。

 

仕事振りを見る限り、真面目で素直でよく喋る。人当たりも悪くない。

 

だが、仕事の優先順位を計るのが恐ろしく下手くそ。

 

今、すべき事じゃない事を全力でする。全力でするが故に恐ろしい程、空気が読めない。

お蔭で他のスタッフの苦労が増えるばかりでなく仕事を完璧にこなしたつもりになっているのが周りから「無能」と呼ばれる所以。

 

新人バイトの27歳Hくん

近隣のパチンコ屋から転バイトをしてきた。

パチンコ屋からパチンコ屋への転バイトを繰り返してるバイトで使える人間に出会った事が無い。

上から目線で申し訳ないが、長い業界歴の私が出会った事が無いのだから一つの真実であろう。

使える人間は短期間で別の職種に行くからだ。

 

体型も『おいおい、本当に27歳か!?』と言わんばかりにお腹が膨張している。

それほど迄に当店の人材不足は深刻らしい。

 

仕事振りは未だ本領発揮する事を許されていないので判断しかねるが、二つ同時に言われた事の内、半分の確率で一つ忘れるので「無能」の片鱗は垣間見える。

 

『トイレチェックの後で外を履いてきて。』と言われてチリトリ片手にトイレに行った時はさすがの私も片足でこけてみた。

 

社員()27歳Tくん

私が27歳無能説を唱える最大の要因にして最大の勢力保持者。

『スロットが好き過ぎて店員になった!』

筋金入りの無能。

 

「自分が楽をする為に」バイトを酷使する不届きもの。

 

「自分が楽をする為に」を穿き違えた考えで現場の人間がやった場合、他の人間から総スカンを食らうのは当たり前である。

 

自分が楽をする為に「人を育てる」「努力をする」といった部分が欠落した人間など「無能」と呼ばれるに相応しい。

 

他にも責任を取りたくが無い故に『僕に問題を投げかねないで、僕が居ない時に上の人に言って』と公言するような「無能」である。

挙げだしたらキリが無いので今日は勘弁してやる。

 

Tくんの連れ27歳3人組

驚く事に専業だ。

専業という言葉にピンと来ない人の為に説明しよう。

 

パチンコ・スロットの景品だけで生計を立てる事を「専業」と言ふ。

 

3人全員の経歴を知っている訳ではないが私がバイトを始めて3年以上の間、どこかに就職したという話は聞かない。

 

他にも投資だったり収入があったりするのかもしれないがそんな事もないだろう。

話を聞く限り、朝から晩まで幾多のパチンコ屋を巡回し一日中打っている。

 

当店に来た際も打つ台が無い場合は休憩コーナーで3人でモンストをやっているから余計に驚く。

 

働く事が全てじゃない事も無理やりながら分かる。

分かるけど働きもせず専業をこのまま一生続ける覚悟があるようには見えない彼らを私は色々な感情を込めて「無能」と呼ばざるを得ない。

 

 

私が知っているプロと呼ばれた人達はとうの昔に就職していった。

 

年の頃は35歳前後だった記憶がある。

 

多分そこら辺がリミットでありボーダーなのであろう。

 

勿論、異常なまでに狡猾な人は長く続けれるとも思う。

他に生きる術も持ってるだろうから。

 

体のいう事が聞き、身動きも軽く、知識もまだまだ吸収できる27歳。

 

何も考えず、勢いだけで生きてこれた。親と同居してる場合は生活費もさほど掛からない。

件の3人も親と同居している。

 

唯一同居していない社員()のTくんだけが将来も救いも無いパチンコ屋で働いているという現実。

 

私界隈の話で恐縮だが27歳というのは無能である。

何とでもなる年齢である。何とでもなった年齢である。

 

本来、何かに一生懸命に取り組んでる27歳は私にとって眩しくて仕方が無い。

 

だが27歳時点で『めんどくさい』をモットーに掲げてる彼らは無能なのだ。

 

私が『もう10歳若ければ別の事に挑戦してた。』とは言えない。

きっと私も無能な27歳だったから。

 

だから今、30歳前の若者よ。

 

今「何か」をやると良い。その「何か」は自分で見つけると良い。

 

パチンコやスロットやソシャゲで時間を浪費するくらいなら本でも読むと良い。

 

そっちの方がよっぽど人生に有意義であると個人として言いたいのである。

 

 業界人としてはたまには遊びに来て欲しいけどが本音ではあるけど。

 

 

尚、偉そうにこんな事を書いてる38歳の方が無能なのは言うまでもないのである。

 

我が家族よ、すまぬ。

 

~オワリ~

 

 

 

エアコン代を節約するパチンコ屋に未来は無い。

いらっしゃい。

暑いね。夏始まったぽいね。

 

f:id:wanabesome:20170703181755j:plain

 

 

以前似たような物を書いた。

 

wanabesome.hatenablog.com

 

コンサルタント指導の下、店長が節電に躍起になっている。

『7月、8月のデマンド値を抑えると基本使用料が安くなる!』

暑苦しい事この上無い。

 

私はSODで暑くなりたい。

 

このデマンド値というのがかなり厄介らしく電気の最大使用量が基本使用料に大きく関わるという。

日本語って面白い。

 

 

デマンド値が詳しく知りたい方はこちらへ

大崎電気工業様のHPより

 

 

前述の記事にある通りパチンコ屋において最も電気を使うのはエアコンである。

 

そこでコンサルタントに言われるがまま店長は高らかに宣言したのだ。

 

『7月、8月は大型エアコン10基中3基を目安に送風のみにする!』ババーン!

 

更に

『勿論!お客様あっての商売。お客様が不快に感じない限界を模索する!』

『お客様から暑い!と言われた時は細かい調整をするのでスタッフの皆さんは逐一報告をするように!』

 

素晴らしい。

先細りの業界をこの先生きのこるにはランニングコストは低ければ低い程良い。

 

素晴らしい。

お客様が不快に感じない限界を発見出来た暁には基本使用料が安くなる事は確実だろう。

 

オーナーは喜び、店長は評価され、お客様は不快を感じない。

 

節電とは何と素晴らしいものだろう。

 

 

我々スタッフを除いては。

 

お客様の限界に挑戦するということは我々スタッフの限界は無視するということである。

 

お客様なんざ座って動かず冷たいお飲み物をすすっているだけである。

遊戯中は思考もしてないだろう。

 

それに引き換え我々スタッフは店の中をハムスターのようにひたすら歩き笑顔を振り撒く。

人手不足も相まって効率良く仕事をこなさないとならないので低スペックな脳みそでも使わなければならない。

 

ただでさえ動き回って暑いのに、お客様の限界に合わせられたらたまったものではない。

 

お客様の限界を発見するのが先か、我々スタッフが脱水症状で倒れるのが先か、その運命は店長の手腕にかかっているのである。

 

当店より圧倒的に潰れそうな他店のエアコンが圧倒的に涼しいと知った時、私は本気で転職を考えたのである。

 

~オワリ~