見られたいようなみられたくないような.com

見られたいような見られたくないような

パチンコ業者なのにパチンコ屋でアルバイトしてる人の日記。

自分の息子には限りなく甘い取締役は私を限りなく自由に使う。

いらっしゃい。

飲んだら帰って。

 

そんな台詞を幸薄い系の美女に言われたい。

 

 

f:id:wanabesome:20170619181440p:plain

 

取引先の取締役がマンションを買った。

以降マンション役と表記する。悪意は無い。

 

マンション役はもう還暦を過ぎている。

高所得な故に住宅ローンもすんなり通ったと何度も何度も自慢された時はとうとうボケが始まったか?と心配したくらいだ。

 

ご立派な自宅が郊外にあるにも関わらず便利の良い街中にマンションを買うとは第2の人生を見据えてなのだろう。そう思っていた。

 

 

実態は違った。

 

ご長男様を大都会から呼び戻す為に新築のマンションを購入してエサにしたのだ。

 

大都会でフリーターをなさっていたご長男様が結婚すると言い出し、未来を案じたマンション役がご自身が取り締まる会社のどこぞやの部門にパワーを使いねじり込んだ。

 

そしてご長男様若夫婦は何の労もせずお高い新築マンションをゲット。

 

ここまでなら良い。まだ良い。私には何の関係も無いのだから。

きっとお金持ち界隈ではよくあるストーリーだろうし。

 

それを怒った振りをして嬉しそうに話すマンション役から聞いてるだけで昼御飯代が浮くならいくらでも聞こうではないか。

 

 『将来、俺があのマンションに住んで、バカ息子があの家(豪邸)に住む計画だ。だから家のリフォームだけは済ましてやらんとな。バカ息子には金がかかって困るぞ。おい。』

 

『ですよね~』しか言えない自分が悲しい。

 

『金持ちだから良いんじゃないっすかね』なんて言えない自分が悲しいけども。

 

 

ある日、私に一本の電話がかかってきた。

マンション役からだ。

 

光回線がマンションに繋がった。設定を頼む。デスクトップとランはある。』

 

『ちょっと仰ってる意味が分かりませんが?』

 

『とにかくマンションに一緒に来てくれれば良い。』

 

かくして、私は会った事も無いご長男様のマンションに赴き「光回線でパソコンを動かす」ミッションを請け負った。

 

当日16時の約束があちら様の都合で18時になったのは些細な事だ。

『良いマンションだろう~』

ご機嫌なマンション役と共にご長男様若夫婦と初のご対面。

 

来客があると知っているはずのお二方ともスウェットで出迎えられ、フローリングには様々な『毛』が散見出来た時にも私は笑顔だ。

 

紙コップにぬるい午後の紅茶を出された時はさすがに笑顔を失ったが。

 

早速作業に取り掛かろうとするも、どうやら聞いていた話と違う。

 

 『インターネットには繋がっている。パソコンの設定さえしてくれれば良い。』

 

そう聞いていたはずだ。

 

うん。繋がってない。デスクトップもランもない。

事実を包み隠さず伝えるも『今日NTTが工事をやって開通したはずだ。』

 

なるほど。

 

若夫婦達は『インターネット開通したのにWi-Fiに繋がらないね~』などとじゃれあっていたのには〇意を覚えたのは言うまでもないだろう。

 

そこからマンション役は『一回会社に戻る。』などと言い残し現場を去り、プロバイダー契約の書類のパスワードが必要だとご長男様に伝えると『車に行って取ってくるっす~』と言って姿を消した。

 

残されたのは縁も所縁も無いご長男様の奥様と私。

 

時間にしておおよそ10分くらいか。正しい時間は分からぬ。

 

初めて会った男女が密室で二人きり。

 

文字にするとワクワクするかもしれないが現実は常に現実である。

 

 

パスワードを無事に入手し、ネット開通。

Wi-Fiに繋がる事に喜びあっている新婚の二人は初々しく可愛かった。

 

スウェットだけど。

 

やっとパソコンの設定に移れる。

そう思った矢先に『これっす~』と差し出された未開封のノートパソコン。

 

マンション役は何を思って『デスクトップとランはある!』と豪語していたのだろう。

 

もう突っ込むのすら疲れた私はサクッと初期セットアップをガン無視してグーグルクロームだけインストールしてインターネットには繋がるようにだけはしておいた。

 

満面の笑顔で『最低限の事はやっておきました。後から必要なものはご自身で入れて下さい』の言葉を添えて。

 

そうして、いつの間にか戻って来てたマンション役に

『困った事があったらこいつに連絡しろ』とLINEでの連絡先の交換を強要され、部屋を後にしたエレベーター内で『これからも息子と仲良くしてやってくれ。新事業を立ち上げた時はお前が上司で構わないから。』などとご長男様の今後を託された私。

 

これまた笑顔で『はい!』と答えるも心の中では『お断りです!』と唱えるのであった。

 

帰りの車中で『今日はありがとうございました!』のメッセージと共に初音ミクのスタンプが添えられて来た時、私は『二度と関わるまい』と決めたのである。

 

~オワリ~

 

 

38歳アルバイト。父親でもある。中学校のアンケートに答えるのにはどうしたら良い?

f:id:wanabesome:20170603024300p:plain

 

私の仕事は特殊且つ、一口では説明しきれない。

 

恐らく妻も完全には理解してない。

 

同業者からも『えっ?このご時世それだけで生活出来る???』などと言われる。

それ以外にもしてるけど説明するのも面倒くさい。

 

複数こなして、それでも生活が出来てないからアルバイトをしているのだ。

 

特殊故に今、困っている。

『お父さんの仕事について聞こう!』

学校主催のアンケート。

 

小学校のうちはまだアレで、まぁアレ。

 

簡易的なやつだったので、「電気屋さん」か「大工さん」か「パソコン屋さん」で押し通した。

 

それが今度は中学校からので、より具体的になりやがって・・・

 

私は何と答えれば良いのだろう?

本業は余りにも説明に苦しむ。

一度「パチンコ関係の仕事で自営をしている」と妻が友人に漏らした際、気が付けばパチンコ経営者に祀り上げられた事があり出来れば隠したい。

 

ならばバイトの方の接客業の事をオブラートに包みながら大胆に答えるしかない。

 

回答を待つ我が娘にこう答えた。

 

 

質問1

あなたがやっている仕事の、仕事内容や特色を教えてください。

 

答え1

接客業です。

特色は頭さえ下げておけばお給料が貰えます。

 

 

質問2

その仕事を選んだ理由を教えて下さい。

 

答え2

お金の為以外に何かある?

 

 

質問3

 その仕事をやっていて「良かった」と思うことと「いやだなあ」と思うことを教えて下さい。

 

答え3

良かった・・・無い

いやだなあ・・・年下の社員の言う事を聞く事、マナーを守れない客もどきを相手にする事、その他諸々。

 

 

質問4

その仕事につくためには、どうすれば良いのですか?

(資格や免許は必要か、など)

 

答え4

面接受けて、日本語で基本的な受け答えが出来れば誰でも。

土日出れます!とアピールすると採用率はアップするかと思います。

 

資格や免許は要らず、求められるとすれば、心なき謂われに対する防御力です。

 

 

質問5

どんな人がその仕事に向いていると思いますか?

 

答え5

・・・ここでは言えません。

 

 

質問6

 その仕事を希望している人がいるかもしれないので、その人へのアドバイスをお願いします。

 

答え6

短期や繋ぎと割り切ってなら良いと思います。 人手不足なので助かります。

それ以外でだと『この業界にだけは来るな』と身を挺して邪魔をするので宜しくお願い致します。

 

 

尚、全力で我が娘に答えた際、乾いた笑いしか聞けなかったのは言うまでもないのである。

 

おかしい、目から水がちょちょぎれてきたのである。

 

~オワリ~

 

子供と食べる妻の手作りホットケーキは涙が出る程美味かった。

いつからだろう。

バイトを始めてから子供達とまともに向き合って無かった気がする。

 

ただ働くだけじゃダメって分かってから色々な事に挑戦している。

このブログもその一つ。

同じ業界の人に働きかけて新規事業の立ち上げの必要性を説いてみたり。

 

どいつもこいつも来年・再来年の展望はかろうじてあっても5年、10年先の未来は見えてない奴らばっかりだ。

自分も含めて。

 

そんなこんなで忙しい。

家族と共にホットケーキもゆっくり食べれなかったくらいに。

 

f:id:wanabesome:20170611154327j:plain

 

日曜日で家族皆が居ようが家の隅っこで難しい顔してパソコンとにらめっこ。

 

インターネッツ上には将来を明るく照らし背中を押してくれるものなんて無いのに。

 

あるかもしれないけど見ようとしてない、やりたくないだけだろうけど。

 

家族を大して顧みず何処に向かって突っ走ってるかも分からない私に妻は優しい。

 

『ホットケーキ食べる?コーヒーもあるよ。』

 『子供のリクエストでアイスも乗っけてみました~』

 

嬉しそうにはしゃぐ皆を見て私は思う。

 

皆の笑顔の為にと大層な大義名分を掲げ闇雲に明後日の方向に突っ走る私は正しいのだろうか?

 

私自身が楽しめて居ない事をやる必要はあるのだろうか?

 

『もっと力を抜いて本当にやりたい事をやりなよ!』

 

そうホットケーキの上のアイスに言われた気がした。

 

私にも味あわせたくて妻が買ってきた高級そうなバニラアイスは最高に美味しく、それを幸せに食べてる皆の笑顔は最高に輝いていた。

 

『私はまだ頑張れる。』

そう思ってアイスとホットケーキを頬張ってる妻に口づけをしてこう言ったのだ。

 

 

 

『別々に食べた方が美味しいね。』と。

 

 

幸せな時間が台無しになったのはいうまでもないのである。

 

~オワリ~

 

CR必殺仕事人5が甘いんですって。仕事人を打った後にしてはいけない事。

f:id:wanabesome:20170308035551p:plain

 

今日も元気です!

 

今週から第2陣の必殺仕事人5が導入され徹夜続きの私。

KAROUSI寸前です。

 

貧乏暇なしを地で突っ走っております。

 

取り急ぎパチンコを打つ方へメッセージを放つべく筆を取る次第でございます。

 

『必殺仕事人5が甘い。甘すぎる。』

 

以上、部長のお言葉でした。

 

さぁ皆様、『仕事の後に仕事だぜ!』でたまにはパチンコでもいかがでしょうか。

 

強制的に作られた笑顔とただの一つも心のこもってない一礼でお出迎え致します。

 

閃光弾のような光と、時代劇に似つかわしくない音楽と、謎の動きをする提灯付きトランペットも添えてお待ちしております。

 

尚、正面左側の液晶を右に傾けてお帰りになるのはご遠慮ください。

 

f:id:wanabesome:20170607021631j:plain

 

すんごく迷惑ですので。

 

~オワリ~

 

誘われて悩んだらとりあえず『YES』で。『NO』から『やっぱりYES』に変えるのは難しい。

 

f:id:wanabesome:20170603013548p:plain

 

人生を左右する程の誘いにすぐさま『YES』と答えるようなNOT聡明な方は居ないと信じて書く事としよう。

 

私は今、後悔している。

 

何故かって?

 

チャンスを逃したからだよ。

 

話の流れはこうだ。

 

 

先週だったか先々週だったか、有難迷惑で断る事を許されぬお誘いを受けた。

 

取引先のお偉いさんからのお誘い。俗に言う接待の強要だ。

 

口癖が『話もしたくない奴らばかりだ』の勝ち逃げ世代の取締役。

 

ありがたい事に異常なまでに気に入られ仕事を貰い続けれている訳だが時としてその誘いは億劫に感じる。

 

妻曰く『恋人か!』と嫉妬の対象になっているレベルである。

残念な事に私にそういった類の趣味は無い。

 

いつものように誘いを受け、当日までカウントダウンを数えるばかりの数日前に別のお誘いを受けた。

 

相手はそう、メルカリを駆使する取締役からだ。

このメルカリ取締役は歳も近く兄の様に慕っている未来ある取締役だ。

 

そんなメルカリ役が未来ある事業を立ち上げるべく参加する研修に『お前も行くか?』と誘ってくれたのだ。

よりによって勝ち逃げ役が誘ってきた日と同じ日に・・・

 

f:id:wanabesome:20170603024300p:plain

 

私は悩み、そしてメルカリ役の誘いを断った。

勝ち逃げ役が先約だった旨をキチンと伝えて『それなら、仕方ないな・・・また今度な!』と後味の悪さだけを残して。

 

そして断った後、今、私は後悔している。

 

よくよく考えたら勝ち逃げ役の誘いは接待なので夕方から。

メルカリ役の誘いは正確には聞いていないが朝から精々夕方までだ。

 

朝早くから仕事を適当に済ませて研修に参加した後、接待すれば間に合ったのではないか?

 

最悪、勝ち逃げ役の誘いなんて遅れて行けば良かったのではないか?

 

勝ち逃げ役の残された時間より未来あるメルカリ役との時間の方が大事なのは明らかだ。

何が悲しくて勝ち逃げ役と仲も良くないないおっさん達と飲まなくてはいけないのか?

 

そう考えた時、私は後悔しかしなかった。

 

『何故あの時『YES』と答えなかった?』

 

一番初めに『NO』と言ってしまうと覆すのは難しい。異常に。異常にだ。

『やっぱりYES!』が通じるのは上の世界の住人の特権でしかない。

『お前初めに断ったよな?今更YESは無いわ~マジ無いわ~』が現実である。

 

ならば迷ったなら『YES』と答えるのがベターである。

『YES』からの『NO』はまだ言いやすい。

調整に調整を重ねそれでも無理だと判断した時に『やっぱりNOです。ごめんなさい。』なら段取りする時間の猶予も生まれ、可愛げもある。

 

相手も『そうか、都合悪かったか。じゃぁまた今度な!』など後味の悪さは残らない。

 

『NO』からのスタートは何も生み出さず、『YES』からのスタートは可能性を見いだせる猶予を持てるものだと経験則から言わせて頂いて本日は締めさせて頂く。

 

 

断った後、勝ち逃げ役から電話があって『お前、メルカリ役から誘い断ったんだって?行けばいいじゃないか?お前は頭数に入ってないんだから』などと妙に嬉しそうなトーンで言われた時は歯茎から血が出る程、噛み締めたのは忘れない。絶対に忘れないのである。

 

未来への数少ないチャンスを棒に振らされた中年バイトの脱出劇はまだまだ先になりそうなのである。

 

~オワリ~

 

因みに両取締役にこれを見られた時、私の人生に『NO』を突き付けられるのは言うまでもないのである。

 

 

パチンコ・パチスロに攻略法なんて存在しない。甘い誘惑には激辛な現実が待っている。

f:id:wanabesome:20170531022447j:plain

 

悲しい事にパチンコ屋への「ゴト」と呼ばれる違法行為が後を絶たない。

 

先日、防犯のセミナーに参加して現在進行形で起こっている現実を本日はお届けしたい。

 

誰にでもゴト師に成り得る

 

『パチンコで楽して稼ぎたい』なんて輩はパチンコが始まった時代から存在する。

 

昔は負けが込んでいる人間に暗黒組織の人間が直接声をかけ違法な器具を使わせてその上前を跳ねていた。

 

そしてインターネッツが発展し暗黒組織の勧誘方法は様々な形で行われていると聞く。

 

主に『どうしても勝ちたい!』と欲望を隠しもせず怠惰な人間を仲間に引き入れるべく攻略法や必勝法と言った煽り文句で。

 

ありとあらゆるゴト行為があるが今回ご紹介したいのは「セット打法」と呼ばれるもの。

 

ゴト行為の一例としてセミナーで聞いた話を元に書くがこれが全てではなく、あくまでも一例として受け取って欲しい事を強調しておく。

 

セキュリティーシステムが向上した現在、外部からの犯行は不可能なくらい異常に難しくなっている事も業界人として強く言っておく。

 

そこで目を付けられるのが内部の人間だ。

 

手口としては暗黒組織が内部の人間に罠をしかける。

これは暗黒組織の人間自らターゲットであるお店に入社し、信頼を得てから実行に及ぶ。

他にも異性を用いて役職者の弱みを握り、逆らえない状況までに追い込む。等々。

 

こうして内部の人間になるか仲間に引き入れ違法なゴトの準備をする。

 

ここから。ここからである。一般のユーザーでもゴト師に成り得るのだ。

 

準備が整ったら後は実行する人間を探さなければならない。

 

暗黒組織の人間自らやるよりそれを情弱に売り捌いたり、捕まってもどうでも良い人間を用意する方が儲かる事を暗黒組織の人間は知っている。

 

天才だ。その技術を業界の発展の為に尽力して欲しいと思うくらい天才だ。

ゴト行為を知り尽くしてるということはそれを防ぐ術も知っているのだから。

 

そうして情弱であるパチンカー・スロッターはもう二度と負けたくない一心で攻略法や必勝法なんてものを検索して申し込む。

 

大半が眉唾もののものだが闇の奥深く潜れば潜る程ヤバイ物に出会える。らしい。

おのののかを思い出した。

 

それがセット打法打ち子である。

内部の人間により違法に改造された台を指定された手順で打つと違法なまでに出る。

玉がチンチンジャラジャラ。コインがザックザク。

 

始めにコインを〇枚入れてベットボタンを〇回叩き次に〇枚入れてクレジットを落とす。といった具合だ。

 

そして獲得した玉やコインを分配するのだと言う。

重ね重ね暗黒組織の人間は天才だと思う。

それを社会の発展の為に尽力して頂けたらもう少し明るい社会が見えるのに。

 

ここで最も強く言っておきたいのは情報を仕入れて手順通りにやっただけで自分は何も悪くないと思う事だ。

立派な犯罪である。片棒を担いでるレベルじゃない。犯罪だ。

 

不法侵入に始まり詐欺、窃盗罪などに該当すると認識して欲しい。

 

インターネッツ上に氾濫する攻略法や必勝法は簡単に検索で引っかかる類のものは全て嘘と思って頂いて良い。

 

闇の奥深く潜って万が一、億が一、本物であったとしてもそれは犯罪でしかないのである。

 

どうか一般の人が被害に遭わないように祈りを込めた話なのである。

 

~オワリ~

 

 

パチンコ屋のバイトにウェアラブルカメラを標準装備にして欲しい。不埒な輩が多すぎる。

イライラする。

溜息だけでダイエットに成功しそうなほどである。

 

イライラする。

己の力不足に。

 

何の生産性も無いパチンコ屋のバイトは将来への希望に霧をかける。

そもそも将来への希望なんて無いけど。

 

 

パチンコ屋に来るお給料様達は「特殊」な方も多い。

先日の話だ。

 

作業着を身に纏い不埒な行為をするお給料様が居た。

 

エリートスタッフである私は「お願い」をしなければならない。

その「お願い」に対し作業着なお給料様は『うるさい!消えろ!』と仰る。

 

そんな事は日常茶飯事なので気にもしないのだが、いつも思う事がある。

 

「会社名が刺繍されている作業着を着て威嚇をしてくる事」に違和感を覚えるのだ。

 

何だろう?パチンコ屋のアルバイトだから全てが許されるとでも思っているのだろうか?

インターネッツが発達した現在、その会社名を調べて電凸される事を恐れないのか?

『お宅の会社にこういう風貌の従業員は居ますか?』

なんて聞けばその会社に在籍してる事を特定する事だって出来るかもしれない。

 

会社に電凸で不遜な対応をされても取引先を調べてそちらに電凸しても良い。

 

お願いする度に聞くに堪えない言葉を投げつけられた人間は何とも思わないとでも思うのだろうか?

 

私には理解出来ない。

 

会社名が入っている作業着を着て行動しているのならば、その会社の宣伝を常にしているようなものだ。

 

己の行動がそのまま、その会社の品格に直結すると考えないのだろうか?

 

私には理解出来ない。

 

私が成功者になった暁にはその会社に大きな発注をした後、件の従業員が居るのを見つけて社長に『あの人、私に威嚇してきた人間ですよ!』とネチネチ言ってやるのを生き甲斐にしているのは内緒だ。

 

そのような事もあり、私から一つ提案がしたい。

 

f:id:wanabesome:20170527133754p:plain

 

パチンコ屋のアルバイトにウェアラブルカメラを装備させるというのはどうだろうか?

 

「お願い」をする前に装着してスイッチオン!!!

 

不埒なお給料様の言動を全て録画するのだ。

 

もちろん事前に告知はする。

 

『今からお願いをします。今後のサービス向上の為録画させて頂きます。』と。

 

 

ヘルメットに装着して防犯カメラ作動中などとプラカードを持って「お願い」をすればきっと大丈夫であろう。

 

身の安全も守れて一石二鳥である。

 

そもそも不埒なお給料様は他のお給料様にまで迷惑をかける事が多々ある。

 

それを今後防げるものと考えれば一石三鳥にまでなる。

 

それでも不埒な行為を繰り返すならばその動画を関係各位にそっとお見せする人間も出てくるかもしれないので今後パチンコ屋での不埒な行為はオススメしない。

 

と、このようにパチンコ屋で働くという事は、聞くに堪えない言葉を投げかけられた挙句、ドッキリのような動画を撮影する担当になる可能性がある事を伝えておく。

 

若者達よ。パチンコ業界には来るな。

 

私は君達が店内でヘルメットを装着している姿を見たくないのである。

 

あ、社員は防具無しで行け。そしてダメージを受けてしまえ。

 

~オワリ~